CONTAX T3 やっと購入

今日やっと CONTAX T3 シルバーが届いた。購入した富士カメラから「7日以内に必ず動作確認をお願い致します」とのことなので、とりあえず最も一般的な ISO 400 カラーネガフィルム 36 枚撮りをコンビニで買って数枚撮ってみた。価格.com の掲示板を見ていたらフィルムに傷が入るという不具合が何度か報告されていたので、その現象が起きないか確認するためひとまず 36 枚撮ってしまわねばならない。

高級コンパクトカメラというジャンルが存在するのを知ったのは2001年末。2002年初め頃 RICOH GR1v か CONTAX T3 かで迷って、本命は GR1v だったのだが、その時は先にデジカメを買う予定だったのでその年の 4月に Canon PowerShot S30 を買って、GR1v はしばらくたってから買おうと思っていた。しかし翌年 2003年春に少し値下がりしたな、と思って見ていたらいつのまにか店頭から消えていた。リコーが銀塩カメラ事業からの撤退を発表したのは 2003年 4月らしいのだが、僕がそれを知ったのは 2004年であった。すでに新品は入手できず。高級コンパクトカメラは初めから新品だけと決めていたので、今回も中古はたとえ新品同様品でも買わないつもりでいた。

カメラは黒じゃなきゃいやだ、という人がいるようだが、例えばライカ M7 ブラックの黒と CONTAX T3 チタンブラックの黒は違うだろう。RICOH GR1v ブラックも含めてシボ皮基調デザインの黒にこだわる気持ちはわかるが、T3 チタンブラックの黒は金属だけの黒である。僕はそれには特に魅力を感じない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中