CONTAX T3 第一印象と、デジカメ DPE に思うこと

36枚撮りネガ 1本撮って現像・同時プリントしてもらった。例のフィルムに傷が入る現象は幸いにして起きなかった。35mm フィルムカメラで写真を撮ったのは 2001年 12月末以来、3年 3か月ぶりである。前回は OLYMPUS Pen EE-3 であった。

プリントを見て初めは、ん?と思ったが、今まで 3年間デジカメのプリントばかり見てきたからだろう。そういや銀塩の写真の発色って本来こういうものだったよな。カールツァイスT*レンズだからって驚くほど美しく撮れているわけじゃないのは僕の腕のなさ。これから修行だ。

スキャナを持ってないので画像をアップする予定はありません。

ところで僕はデジカメで撮った写真は自宅でプリントせずすべて DPE に出しているのだが、店によってプリントの発色が違う。これは銀塩とデジタルの違いじゃなくて、同じデジタルでも店によってプリントの出来上がりが違うということ。

プリントをたぶん外注でやってもらっていて出来上がりが翌日以降、という場合だとプリントは濃厚な色、L サイズ (デジカメだから正確には DSC サイズと言うのか) でも紙は銀塩写真の L サイズの紙より少し横幅が短い。

これに対し出来上がりが 30分後位で、その店でプリントアウトしていると思われる場合は、プリントが少し色褪せた感じになっていたりする。紙は銀塩の L サイズと同じものを共用していると思われるので、トリミングの仕方が違っている。

紙の裏を見ると外注も自前プリントも FUJICOLOR EVER-BEAUTY PAPER for LASER と書いている場合がほとんどだが、自前プリントで裏に何も書いてない紙だったこともあった。今回の銀塩はたぶん外注だと思うがこれも同じく FUJICOLOR EVER-BEAUTY PAPER for LASER だった。

最近のデジカメ DPE は外注でなくその店でプリントしてしまう所が多くなったようで、ちょっと困っている。

そういえば、

サービスステーション統合のご案内 (京セラ)

縮小してしまうのか。初期不良がなかったからいいけれども、故障でもした時に修理に出すのに手間がかかるな。予想の範囲内ではあるが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中