僕が写真に興味を持ったきっかけ

前述のように僕は高校生の頃から 3年前まで銀塩 35mm AF/AE コンパクトカメラしか持っていなかったのだが、写真にはずっと興味があって、いつかカメラを買って写真を趣味にしたいと思っていた。

写真に興味を持ったきっかけはアラーキーの 『センチメンタルな旅・冬の旅』 (1991年)である。これについては多くを語るまでもないだろう。同じく荒木経惟で 『愛しのチロ』 (1990年、平凡社ライブラリー454)、『東京猫町』 (1993年)なんてのも、猫好きの僕にとってはとても良かった。こういう写真が僕の目標だったりする。僕は天才ではないけれど。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中