ぺんてる Tradio の茶軸、赤軸

ぺんてるトラディオ話の続き。

その後 3月15日 (火)、東急ハンズでトラディオの赤 1本と、レフィルを赤 1本、青 1本購入。本体は全部同じなんだから、2月に買った黒のインクが切れたらそこに青のレフィルを入れればいい。赤が切れたらまた赤のレフィルを入れる。黒って意外と使わないんだよな、シャープペンシルやボールペンがあると。その他に茶・紫・緑のサインペン持ってるし、ぺんてるハイブリッドの金もあるし、これで10年位は筆記用具を買わずに過ごせる。そこには使い切り型のプラマンもあった。現行モデルは僕がまだ使ってる旧モデルより少し太いみたい。パイロットの Vペンもあったが僕の目的はトラディオだったので浮気はせず。黒が切れた時に考える。

4月 6日 (水)、丸善の文具売り場でトラディオの「チャ軸」と「アカ軸」というのを 1本ずつ見かけた。こんなのもあるのか。本体とキャップの色が茶または赤。価格は同じく 525円、インクはどちらも黒。もちろん購入はせず。

型番は確か茶軸が TRJ50E-A、赤軸が TRJ50B-A だったか。もしかしたら茶軸と赤軸以外の色もあるのかもしれない。ここでトラディオの型番を整理すると

TRJ50-A 黒インク
TRJ50-B 赤インク
TRJ50-C 青インク
TRJ50-D 緑インク (今は国内では販売していない)

である。

ググってみたら、こちらのブログでシルバー軸を発見。シルバーもあるのか! 型番でググってみたら、こんなサイトが引っかかった。

Nice Toys Teachers Discount Mall – Pentel of America (サイト消失を確認。2009年 3月30日)

ここを見ると、

TRR50BA TRADIO ROLLER ROSE MADDER
TRR50CA TRADIO ROLLER PRUSSIAN BLUE
TRR50EA TRADIO ROLLER SEPIA

とある。型番ちょっと違ったみたい。"ROSE MADDER" がアカ軸、"SEPIA" がチャ軸か。"PRUSSIAN BLUE" はアオ軸ってことになるのか。このサイトには画像がないので、現物の画像があるサイトへのリンクを張っておく。

TRR50B-A (赤軸。ロシアのサイトでロシア語※画像消失を確認。2006年 5月15日)

TRR50E-A (茶軸。これは .com で英語だが .co.yu というドメインもあり、旧ユーゴスラビア → 現セルビア・モンテネグロのサイトか※サイト消失を確認。2008年 4月21日)

TRR50C-A (青軸。同上)

さらに検索してみたら、トルコ語のこんなサイトを発見。こんなにあんのかよ…。前述のシルバー軸は TRJ74-A ですか。それからギリシアのサイトも。

ちなみに Pentel UK のサイトで Products → Refills for Pentel Products → General Refill Matrix for Pens と進むと、トラディオ TRJ50 用のレフィル MLJ20 は A,B,C,D と緑もあるようです(2008年 4月21日追記参照)。

僕自身は先月買った分で十分なのでどうでもいいことなのに、ここまで執拗に調べてしまう自分にあきれてしまった。

追記: 4月20日

ここで言及しているトラディオとはトラディオ・プラマンの事なのだが、再び店頭で確認したらやっぱりアカ軸は TRJ50B-A、チャ軸は TRJ50E-A だった。それでよく調べたら、上記でロシアやセルビア・モンテネグロのサイトにリンクを張った TRR50B-A、TRR50E-A、TRR50C-A はいずれもトラディオ・プラマンではなく、トラディオ・ボールぺんてるの海外モデル "Tradio ROLLER" だった。ただしトラディオ・プラマンのアカ軸、チャ軸が国内に存在する (or した) ことは事実。トラディオ・プラマンの青軸は存在しないかもしれない。トルコやギリシアのサイトはトラディオ・プラマン。

リンク先のロシア、セルビア・モンテネグロ、トルコ、ギリシアいずれのサイトもぺんてる製品の現地販売代理業者のサイトと思われる (Pentel Distribution in Europe)。

ぺんてるのトップページで「商品検索」のボタンを押して、ポップアップウィンドウ内の商品名のところに「トラディオ」と入れて検索すると、トラディオ・セラミクロンやトラディオ・ボールぺんてるのレフィルも出てくる。トラディオ・セラミクロンもトラディオ・ボールぺんてるもトラディオ・プラマンとボディは共通なので、トラディオ・セラミクロンの青軸やトラディオ・ボールぺんてるの緑軸にトラディオ・プラマンのレフィルを入れることも可能のようだ。トラディオ・シャープペンシルの軸に入れるとキャップがカチッと閉まらないかもしれない。最後にこれらの型番を整理しておく。

トラディオ・プラマン: TRJ50 他
トラディオ・セラミクロン: TRC50C
トラディオ・ボールぺんてる: TRB50D
トラディオ・シャープペンシル: TRP55

追記: 2008年 4月21日

海外のいろんなサイトにリンクを張ったが、それらの多くは消滅したり内容が変わってしまっていることを了解いただきたい。記事投稿から 3年も経ったので無理もない。今後もリンク先の永続性は保証しない。Pentel UK はサイトの構成が大きく変わってしまった。それから言うまでもないことだがセルビア・モンテネグロはセルビアとモンテネグロに分裂した。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中