RICOH Caplio GX8 を見て Caplio R2 後継機を待つ

リコー、800万画素CCD採用の広角ズーム機「Caplio GX8」 (デジカメWatch)

僕が次に買うコンパクトデジカメに要求するスペックは以下の 5つ。

  1. ワイド端 28mm から (35mm判換算)
  2. ワイド端で絞り開放 F2.8 より明るく、できれば F2.0
  3. 1/1.8 または 2/3 インチCCD、有効 600万画素以上
  4. ワイド端で最短 10cm 未満まで近づけるマクロ
  5. 絞り優先 AE

デジタル一眼レフを 5年以上様子見(4月4日3月21日)としたのは、ムーアの法則同様数年で陳腐化する現状では手を出したくないから。技術的に成熟するまでは銀塩をメインとし、コンパクトデジカメをサブとするつもり。サブなので SONY Cyber-shot DSC-F828 (2003年 12月発売)や Canon PowerShot Pro 1 (2004年 3月発売)、コニカミノルタ DiMAGE A200 (2004年 11月発売)のようなハイエンド機は外し、できるだけ安い価格に抑える。そのためには上の 5つの要求のうちいくつかは妥協せざるを得ないかもしれない。

どうしても譲れないのは 1. と 2. で、1. だけでかなり限定されてくる。5. は今使っている Canon PowerShot S30 (2001年 12月発売)のプログラム AE が基本的に絞り開放 F2.8 で撮ろうとするので、絞り開放寄りでシャッター速度の速い写真ばかりになってしまうのが不満だから。IXY DIGITAL シリーズでもそうなるようで、Canon だけかもしれないが。面積の小さい CCD で絞っても開放でもたいして変わらないような気もするが、絞ることでシャッター速度を遅くして撮ったりしたい。シャッター速度優先 AE よりは絞り優先 AE の方が感覚的にわかりやすい。

1. 〜 5. の要件を満たすコンパクトデジカメは僕の知る限り、Canon PowerShot S70 (2004年 9月発売)と 5月発売予定の RICOH Caplio GX8 だけ。

Canon PowerShot S70

  1. 28mm – 100mm
  2. F2.8 – 5.3
  3. 1/1.8 型 CCD、有効約 710万画素
  4. ワイド端 4cm から、テレ端 (100mm) 30cm から
  5. プログラム AE、絞り優先 AE、シャッター速度優先 AE、マニュアル

RICOH Caplio GX8

  1. 28mm – 85mm
  2. F2.5 – 4.3
  3. 1/1.8 型 CCD、有効 824万画素
  4. ワイド端 1cm から、テレ端 (85mm) 10cm から
  5. 絞り優先 AE、マニュアル

PowerShot S70 に対して Caplio GX8 が勝っている部分は

  • 28mm、35mm、50mm、85mm のステップズーム
  • レリーズタイムラグはシャッターボタン一気押しで 0.10 秒
  • リアルタイムヒストグラム表示
  • ホワイトバランスブラケット撮影
  • 単3アルカリ乾電池 2本で稼働する
  • USB 2.0 Hi-Speed と USB マスストレージクラス対応
  • ISO 1600まで設定可能
  • ワイドコンバージョンレンズ使用で 22mm の画角での撮影も可能
  • 汎用の外部フラッシュが使用可能

といったところか。逆に不利な部分は

  • バッテリーとバッテリーチャージャーが別売り
  • Mac OS X 向けには USB ドライバと Mounter だけでアプリケーションは Windows 版のみ
  • RAW で撮影できない

このくらいか。Mac には iPhoto がバンドルされているし、RAW で撮りたかったらデジタル一眼レフ使えって思う。

Caplio GX8 が実売予想 55,000円、バッテリーとチャージャーも買うと 6万円近くになるので、出費を抑えるために少し妥協するとなると RICOH Caplio R2 (2005年 3月発売)が候補に上がってくる。

  1. 28mm – 135mm
  2. F3.3 – 4.8
  3. 1/2.5 型 CCD、有効 502万画素
  4. ワイド端 1cm から、テレ端 (135mm) 13cm から
  5. なし

USB 1.1 で ISO 800 まで、ワイドコンバージョンレンズや外部フラッシュが使えない以外は Caplio GX8 とほぼ同じ。バッテリーとチャージャーは同梱となる。

絞り優先 AE に関しては CONTAX T3 にあるのでコンパクトデジカメにはなくてもいいか。あとはワイド端開放 F3.3 を最低でも F2.8 に改善してほしい。有効 502万画素では物足りないし、画素数を増やすなら 1/1.8 型 CCD にしてほしい。

というわけで今は Caplio R2 の後継機待ち。Canon PowerShot S70 の後継機も出たら検討する。Caplio GX8 が十分値下がりしてから買うというのもありか。でも現在使用中の Canon PowerShot S30 が本当に壊れてどうしようもなくなるまではそれを使い続ける。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中