CONTAX T3 修理行き

初期不良らしき現象が見つかった CONTAX T3 を修理に出した。ネガに傷が入り、傷が L判プリントにも反映されてしまったことをヨドバシカメラの店員に伝え、カメラ・保証書と一緒にそのプリント 1枚とネガ全部を預けた。メーカーに初期不良と認定されず有償修理とか修理されずに戻ってくると困るので。ネガとプリントは「保証できない」と言われたが、もともと動作確認用だったし大した写真は撮ってないので焼き増しの予定はない。預けたのが 5月26日、5日経っても何も言ってこないのでたぶん初期不良と認定されたんだろう。修理は 3週間ほどかかると店員に言われた。6月中旬までデジカメだけで過ごすのか。6月の北海道はとても天気が良くてたくさん撮りたい季節なのに惜しい。

次に撮ったネガも現像・プリントしてもらったが、今回は傷というより 24 x 36mm のコマの上下 2mm 位ずつ、強く押し付けてこすったような跡が見られた。それも全コマに渡って。

050601_01

こんな感じ。ちょっと大げさだけど。フィルムはコニカミノルタ CENTURIA SUPER 200 の24枚撮り。これだと初期不良と認定されるかどうか微妙なところだろう。もちろん今回も前回も、傷やこすり跡はフィルムの表側、つまりカメラの中でレンズ側の、画像が記録される側である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中