五人五様となるか

ドラマ「がんばっていきまっしょい」について「脚本が良くても演出がダメ」と書いてしまったが、再編集した「第三艇」、ディレクター変わって代役立てて一部撮り直しの「第四艇」はわりと良かった。「特別艇」は見なかった。トラブルで収録が遅れたのでこういうのをやったのか、放送終了後に DVD 化されそうにないので DVD の特典映像として入れるようなものを放送したのか。

どうしても 2 年前の「STAND UP!!」と比較してしまうが、あの時は 4 人の 17 歳の少年のキャラクターを四人四様に描き分けて見事に役割分担させていたのが、今回は 5 人のキャラと役割分担があまりはっきりしてないように思う。岩佐真悠子、佐津川愛美、藤本静の 3 人のキャラはわかりやすいが、鈴木杏と相武紗季の区別が明確でない。今後この 2 人が恋のライバル関係になっていくとか「さんまのまんま」で言っていたが、5 人をどう描き分けていくかが脚本・演出とも腕の見せどころだろう。コメディだけど真面目、真面目だけどコメディだった「STAND UP!!」と比べると今回は真面目だけのようでちょっとカタイ。あまり期待しないで眺めることにする。

それより藤本静、26 歳だそうである。「さんまのまんま」で明石家さんまに「断れ!」とツッコまれていた。1978 年生まれ、釈由美子と同じ年か。普通なら教師役だろう。ドラマではあんな役だけど意外と可愛らしいんじゃないか。「【趣味】地域ネコ活動」って何だ?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中