かわいい子にはケンカをさせよ

「女王の教室」第 4 話から第 6 話まで。第 2 話・第 3 話の分

第 4 話 : かわいい子にはケンカをさせよ

この回で注目したのは、クラスの子供たち全員が居残りさせられて、お前が盗んだんだろう、お前は泥棒顔だ、とほぼ全員が言い争いになっても、教師は静観していたこと。最近はいじめも含めて、子供同士の争い事に教師や親がすぐ介入して穏便に処理したがるように思う。でも子供の側から見ればそんなことをされると、相手は大人を味方につけて卑怯だ、と思ったりする。子供同士おおいにケンカさせるべきだと思う。ただし大人の見ている所で。全員居残りも介入ではあるが、財布を盗んだ犯人に罪悪感を植え付けるためだろう。

第 3 話で「監視役」を任された子供が図に乗っているが、ああいうタイプ(友達がいない、成績も良くない)はある程度図に乗らせた方がいい。結局第 6 話で改心したようである。

借りを作ったはずなのに「もう絶交だから」とか言う奴。子供は精神的に未成熟である。だからこんなことを平気で言える。子供は天使ではない。そしてこいつが第 7 話のキーパーソンになるようである。

第 5 話 : 僕らはゆるやかに監視されていた / いじめは自力で克服するもの

「教科書を忘れました」で廊下に立たされるっていうのは体験したことないな。自分も自分の同級生も。「ドラえもん」とかマンガでしか見ない。

中学生の姉と動物園に行ったとき姉が「ぶっ飛ばしてやる」とか言いながら教師に近づくが、学校をサボっていることを言われて何も言えなくなる。思えば僕らが子供の頃、陰でコソコソ悪い事をしていても必ず近所の大人にバレていたものだ。最近は大人が近所の子供を叱れない雰囲気になっている。うちの子は個性を尊重して自由にさせてますから余計な口出ししないでください、とか。僕らが子供の頃は近所の大人にゆるやかに監視されていることに気づいた上で、それなりに覚悟して陰で悪い事をしてたものだ。僕は大して悪い事してないので経験ないが、自分が悪い事して迷惑かけて親がいろんな所に行って頭下げて謝っているのを見て、ものすごく恥ずかしいと感じたりして、そうやって成長していくものなんだろう。

第 4 話と同じくいじめに大人が介入しても解決しない。大人を味方につけたらなおさら陰湿にいじめられるだけである。

僕もいじめられた経験はあるがさすがにあそこまでひどくはなかった。小学 6 年の秋から卒業まで半年間「汚い」「クサイ」と言われた。確かにあの頃の僕は風呂に入ってもあまり髪を洗わなかったし、両親・祖父母みな働いていたので着ている服もあまり洗濯せず不潔だった。でも清潔にするようになってからも「汚い」「クサイ」と言われるので、逆にわざと 1 か月くらい毎日同じズボンをはいて行ったりした。そのうち向こうも飽きて無視するようになった。「汚い」「クサイ」ものに近寄る奴はいないし、僕をいじめるのはそのクラスだけだったし、その小学校を卒業するとほぼ全員が同じ中学校に進むのだが、中学に入ってからはいじめられなくなった。

そして今度はいじめられっ子が僕に近づいてくるようになった。たぶんこいつだけは俺をいじめないだろう、という安心感みたいなものを醸し出すようになったんだろうか。いじめられっ子が僕を味方につけて、いい意味である程度調子に乗って、でも僕も一緒にいじめられることはなかった。それを担任の教師が察したんだろうか、席替えをするとなぜか僕の近くにクラスで孤立している奴が来たことが何度かあった。教師っていじめを見て見ぬふりしてるようでちゃんと見てたんだな、と大人になってから気づいた。

第 6 話 : 「友達を作る勇気のない弱い人間」

このセリフは前の文脈から考えると、ここだけ浮いているように思う。つまり教師やドラマ制作者の真意ではなく、意図的に見下すようなセリフを言わせているんだろう。このドラマにおける天海祐希演じる教師のセリフほとんどに言えることだと思う。普通の人が考えそうなこととは逆のことをあえて言わせてみる。それでも筋が通るならそれもあり、と視聴者に考えさせる。または子供の反発心を引き出す。この辺がこのドラマの核心だろう。

僕も「クール」な人と言われることはあるがあんな風に友達を失った経験はない。親友ってどうやったらできるの? 僕こそ「友達を作る勇気のない弱い人間」だな。

ラストでクラスが団結したように見えるが、残念ながらまだ団結しないだろう。第 7 話で「スパイ」が暗躍する。

前回子供は窮地に立たされると必ず逃げ場を見つけ出すと書いたが、第 3 話では隣のクラスの教師、第 4 話では姉、第 5 話では同級生のおじいちゃん(自称「おばあちゃん」)と、追い詰められても助け船が都合良く見つかるのはドラマだから。

「ティヒッ!」は完全にスベッてると思うんだけど、このまま続けるつもりなんだろうか。さとう珠緒の「プンプン!」と同じくらいスベッてる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中