エキサイトブログからココログへ移転完了

エキサイトブログから @nifty ココログへ移転することにした。理由はいくつかある。

(1)エキサイトブログのビジネスモデルへの不安

エキサイトブログの無料サービスは、広告は一切入らない。サーバの運用・保守管理費用はどこから出ているのか。たぶんエキサイトのポータルサイトとしての収益でまかなってるのだろう。だとすると本来ならエキサイトのサービスへ積極的に誘導するような記事を書いたり、機能を用意すべきだと思うんだけど、当然記事内容は自由だし、「ライフログ」という Amazon やエキサイトブックスへリンクする機能はあるが、表示させなくてもいい。エキサイトブログはアフィリエイト一切禁止だし、それにもしもそこでアフィリエイトをやって収入を得た場合はエキサイトに還元して、サーバの運用・保守管理費用とすべきだろう。

こういうビジネスモデルでこの先もずっと無料サービスを続けていけるのだろうか。エキサイトとしては有料サービスに移行してください、ということなんだろうけど、俺は Ads by Google くらいは入ってもいいから無料でずっとやらせてほしいと思っている。それで当初(@nifty 会員以外は)有料サービスのみだったココログが無料サービスを始めたのでこっちに移転することにした。Google AdSense 等で無料でもやっていける目処が付いたんだろう。

(2) Windows 2000 + Microsoft IIS 5.0 のサポートはいつまで?

たいていのブログサービスは Linux + Apache で運用されている。調べた限りでは @nifty ココログ、はてなダイアリー、goo ブログ、livedoor Blog(blog.livedoor.jp)、FC2 ブログ、Seesaa ブログ、JUGEM、Diary Note、楽天広場、これらすべて Linux + Apache のようだ。Ameba ブログが Linux または Solaris、ヤプログが Solaris + Apache、Yahoo! ブログが FreeBSD というくらいで、いずれにしても UNIX 系 OS なんだが、エキサイトブログだけ Windows 2000 + Microsoft IIS 5.0。Windows 2000 のサポートは Microsoft が打ち切った後もどこかが続けるのだろうがいつまで続けられるのか、5年先、10年先のことを考えると不安だ。Linux も確かにひとつの OS ではないが、Linux kernel の開発・メンテナンスと Apache Foundation が続く限り、どのディストリビュータであっても基本的には変わらないはずなので安心である。

(3)一つの記事を複数のカテゴリに所属させたかった

はてなダイアリーなどでは普通にできる事がエキサイトブログではできない。ただココログでこれができるというのは移転作業中に気付いた。

(4)バックアップを取りたかった

18歳の時から 15年以上、時々中断しつつもずっと日記を付けてきた自分にとって、日記というのは過去の貴重な記録である。もともと大学入試の小論文試験のための文章練習として日記を始めたのだが、約 10年前に入院した時に日記の記録が非常に役に立ったことがあった。それは別としても小学生の頃は作家に憧れ、大学生の頃は研究者志望、夢は叶えられなかったが(いや、まだあきらめたわけじゃないが)、世の中に対して言いたい事があったり自分の考えをまとめたりするために文章を書いている。ブログを始めたのは決して世間の流行に乗っかったわけでなく、アフィリエイトで小遣い稼ぎする目的でもない。

記録しておくべきプライベートな内容の日記は再び紙の日記に書くことにした。そして人に読んでほしくて公開した文章も、せっかく手間と時間をかけて書いたんだから残しておきたい。他のブログでは livedoor Blog や FC2 や Seesaa あたりは各記事に .html という拡張子が付いていてそのままバックアップできそうだが、エキサイトブログはできなさそうだ。PDF出版というサービスがあって記事を PDF 化できるようだが有料サービスに移行しなければならない。ココログは画像以外は全記事を一つのファイルとして、コメントやトラックバックも含めてバックアップできる。テキストファイルのようであるが、Movable Type に対応したブログサービスなら互換性があるようだ。

それからココログはテキストも画像もその他のファイルもすべて含めて 2GB まで、と明確に規定してあるのがわかりやすい。エキサイトブログ無料版は画像は 30MB まで、表示可能な横幅は 400 ピクセルまで、となっているがテキストはどのくらいまで書けるのかわからない。画像とテキストだけなら 2GB なんて一生かかっても使い切れないだろう。

移転に当たって、残す価値のなさそうな記事はこっちに移さなかった。向こうの「spam」カテゴリの記事はエキサイトブログ特有の話題が多いので一つも移さなかった。各記事にいただいたコメントやトラックバックは一切転載してない。Musical Baton もなかったことにしたい。

こっちでは「未分類」カテゴリというのがないので、すべての記事をなんらかのカテゴリに分類することにした。できるだけ、あらかじめ用意されたカテゴリの中から選んで分類したが、「カメラ」「写真」「文具」「日本語」の 4つを新たに作った。

さて、ココログではトラックバックスパム対策はどのようにすればいいのか。IP アドレスを指定して拒否というのはどうやるのか、どのくらい有効なのかまだよくわからない。今のところどこにも ping を送ってないので大丈夫そうだが。それにソースを見るとサイトのトップに

<meta name="robots" content="noindex,nofollow" />

とあるので Google や Yahoo! などのサーチエンジンでもヒットしない。アフィリエイトブログからのスパムも来ないだろう。

とりあえずしばらくは向こうとここの両方に同じ記事を投稿して、こっちではどこにも ping を送らずこのまま「非公開」状態にして、コメントとトラックバックはこっちの記事にしてもらうことにします。

追記: 1月15日

この記事を投稿するとき数分間だけ、「更新通知」を「はい」に設定してさらに ping.bloggers.jp などへも ping を送信するようチェックを入れて投稿したら、Google でヒットするようになってしまった。ただしトップページだけで、個別の記事の URI は Google のサイト内検索(特殊検索の「サイト検索」)でもヒットしない。記事たった 1 件、たった数分間なのに。それともエキサイトブログからここへリンクを張っているからヒットするようになったのか。後者の可能性が高い。

Google 以外では goo、infoseek (enhanced by Google) で同じくトップページのみヒット、Ask.jp のブログ検索では ping 送信した記事のみヒット。Yahoo! JAPAN とフレッシュアイではヒットしない。

再び「更新通知」は「いいえ」にしたが、ping は送るかもしれない。いくらトラックバックスパムが来ても管理者の「承認後に公開」にしているので広告効果はないから。でもサイトが重くなるのは勘弁。

追記: 1月18日

再び Google ではヒットしなくなった。どうやら「更新通知」を「はい」に設定したせいだったようだ。Ask.jp のブログ検索では変化なし。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中