今、甦るスタッフのミス

1月 3日(火)〜 5日(木) 3夜連続放送の「古畑任三郎 ファイナル」なんだけど、はっきり言って第 2 夜・第 3 夜はたいしたことなかった。第 1 夜が良かっただけに。ただ第 1 夜「今、甦る死」で出てきた「ぼくの考えた完全犯罪のすべて」という小学校 6年の時のノート、藤原竜也の年齢設定から考えて 10年以上前のノートと思われるが、そのコクヨのキャンパスノートのデザインは 2000年11月以降のものだよー。

「復刻版キャンパスノート」を数量限定で発売 (2005年 1月14日)

キャンパスノートの歴史

単純にスタッフのミスだろう。

第 2 夜のイチローがフェアプレイを好むというのはとってつけたような展開だったし、第 3 夜も犯罪者の悲哀のようなものは「はぐれ刑事純情派」ほどには描ききれていなかった。「ファイナル」とか言ってるけど 3か月後には「古畑任三郎スペシャル」とか言って「帰ってきた古畑・そして…さよなら今泉」とかやってたりして。

追記: 1月12日

1月10日(火)朝から三谷幸喜が「おはスタ」(テレビ東京系)に出ている。映画「THE 有頂天ホテル」の宣伝ばかりしているが、それより三谷幸喜は野球を全然知らないそうだ。どうりでイチローの回がぎこちなかったわけだ。「名探偵コナン」大好き! 全部読んでる! とテレビ東京で言ってもしょうがないと思うが、小学館には伝わったかな。ラブコールはいいけど野沢尚みたいにならないでくれよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中