Planar T* 1.4/50 ZS を OLYMPUS E-500 で

大方の予想通り、Carl Zeiss ZF レンズはコシナが製造するという。

独Zeiss、ニコンFマウント用「ZFレンズ」を発表、春から導入開始 (Impress デジカメWatch)

コシナ、ニコン用ツァイスレンズ「ZF」を国内で正式発表 (Impress デジカメWatch)

ニコン Ai-S マウント互換の MF レンズで、Planar T* 1.4/50 は M42 マウントの「ZS」も出すという。

銀塩一眼レフに無関心な俺にはどうでもいいことなんだけど、もし使うとしたら中古で OLYMPUS OM-2SP の完動品でも見つけたら買うかもしれない。でも壊れたら修理不能だろうし、それも見込んだ上で欲しいと思ったらだが。そうしたらマウントアダプタ付けて Planar T* 1.4/85 ZF とか。でも 570g は重いな。

俺が OLYMPUS OM シリーズばかりにこだわるのは、もちろん以前書いた外観の美しさもあるんだけど、俺は小型軽量志向なんで、とにかく小さくて軽いのが好き。大きくて重いのは嫌い。小型軽量といえば PENTAX MX もあるが、OLYMPUS Pen との再会が写真に入るきっかけだったこともあって、なんとなく OLYMPUS ファン。

デジタル一眼レフも小型軽量志向、本命は OLYMPUS。今回の ZF レンズはデジタル一眼レフにも対応とのことなので、現在なら E-500 にマウントアダプタ経由で Planar T* 1.4/50 ZS なら 35mm 判換算 100mm 相当。ZUIKO DIGITAL レンズには F1.4 がないし、面積の小さいフォーサーズ CCD で ISO 感度はできるだけ上げたくないだろうからいいんじゃないか。価格も例えば ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro で 81,000円(消費税別)、Planar T* 1.4/50 ZF,ZS は 56,000円(消費税別※後に値上げ)と、MF でマクロでない分こっちの方が安い。ただ E-500 のあの小さなファインダーでマニュアルフォーカスというのは厳しいか。ファインダーを見ると PENTAX *istDS2 の方が確かにいい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中