白衣をまとった私利私欲

Ns’あおい」(フジテレビ系火曜 21時〜)の第 1 話を見た限りでは、これは看護師版「ブラックジャックによろしく」といったところか、でも実は石原さとみはダメ医者を追い出すために総師長・片平なぎさによって送り込まれた「刺客」なんじゃないか、とか思ったが、第 2 話を見るとそう単純ではなさそうだ、これは一筋縄ではいかないな、と思って書くのが遅れてしまった。

例によって原作は読んでいない。「刺客」という解釈からしてすでに深読みなんだけど、看護師版「ブラックジャックによろしく」に「本当は怖い家庭の医学」、さらに私欲の塊と化して腐敗した上司と理想を追い求める部下との対立、という点で「踊る大走査線」的な要素も含まれているか。肩こりと歯痛で心筋梗塞とか、黒ずんだ吐血で胃潰瘍および腹膜炎とか、糖尿病患者が何も食べなくて低血糖とか、もしかしたら役に立つかもしれない情報まで盛り込まれている。ともかくいろんな要素が詰め込まれていて、さらに医療の専門用語も頻繁に出てくるし、セリフ一言たりとも聞き逃せない。こんなドラマは久しぶりだ。

できればもう少しシンプルにしてわかりやすくしてほしい。現段階で総師長・片平なぎさや師長・高橋ひとみなど主人公にとって味方なのか敵なのかわからない人もいるし。そんな中で第 2 話の柳葉敏郎の「なつくなって」というこなれたセリフを聞いて、緊張感がほぐれて良かった。朝目を覚ましたら寝坊という少女マンガ定番の始まり方もいい。

ただあまり主人公が熱くなりすぎるとかえってこっちが白けてしまうので注意してほしい。「ブラックジャックによろしく」の TV ドラマは見てないが原作を斜め読みした印象では、あまりにも真面目で熱血すぎてまともに読む気がしなかった。あんな風にはなってほしくない。「1%でも助かる可能性があるなら絶対にあきらめない」とか「医者と患者をつなぐ架け橋」だとか、そういうのは最小限にしてくれ。

こう考えるのは自分自身の入院体験が影響してるんだろうか。俺が入院した時は少し前まで研修医だった奴の練習台にされたようなもんだったし、そのせいで入院期間が長くなったり翌年再び入院したり、身内にも医者や看護師のおかげで奇跡的に回復したとかいう例は見たことがない。治りそうなことを言われて入院してずるずると 3か月もかかって結局治らなかったり。自分の入院中も医者を「先生」と呼んだことはない。医者も看護師も単なる技術者であって、「先生」と呼ばれて尊敬されるような職業ではないと思っている。

医者なんてのはたまたま勉強できた奴が金持ちになりたくてなるか、親が医者だから自分もなるってだけだ。看護師も高校時代に勉強はそこそこできるんだけど四年制大学に行くほどでもない、理系科目が比較的できるのでじゃあ看護師の国家資格を取れば、この就職難の時代でも就職先に困ることはないし、結婚・出産・育児で仕事からしばらく離れても復帰しやすい、普通の OL と違ってブランクが不利になることもない、そういう計算で看護学校や医療系短大に行ってなった人が多いだろう。本当に看護師の仕事に憧れて崇高な理想を持ってなった人なんてそんなにいないと思うし、実際看護師になってから現実を見て、そんな理想なんて忘れてしまった人も多いだろう。

だからといって俺は別に医者や看護師を軽蔑しているわけじゃない。技術者としてはプロなんだし、そもそも軽蔑してたら入院して治療なんか受けない。ある程度は信頼して、治療してもらって、でも過度に期待したりしない。看護師は「医者と患者をつなぐ架け橋」とか言っていたが、俺が入院中は看護師に言ったことと同じことを医者にももう一度言うようにしていた。看護師を信頼してないんじゃなくて、医者が看護師の話を聞いてないだろうから。

病院によって違うかもしれないが、看護師 1人に患者 2人じゃなくて、普通は看護師 20人で患者 40〜50人とかだろう。看護師にも休日はあるし、二交代制なら日勤と夜勤とあるし、夜勤の時は少人数でその病棟の患者全員を見ることになる。俺が入院した病院では特に担当の看護師というのは決まってなかった。「私の患者にさわらないで」なんて言われると患者としては、俺はあんたの所有物じゃねえよ、とか思うんじゃないかな。それに患者や患者の家族にまであんなに親身になって話したりする看護師なんていないよ。みんな忙しいんだよ。話してる暇なんかないだろうし、ちょっとウザイ。それから少女マンガ定番の始まり方なんだけど、看護師は夜勤の日もあるので、今度は目が覚めたら夕方 4時とかいうのもやったらどうだろう。

脚本の吉田智子って富良野塾出身で昨年の「優しい時間」にも参加した…と思ったらそれは吉田紀子でした。以後気をつけます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中