散ったサクラ、稔らない田

アンチ Nikon で Canon 寄りの OLYMPUS ファン(ついでに言うとアンチ Leica で Zeiss 派)の俺としては、Nikon の銀塩カメラ事業縮小の時は対岸の火事と思っていたが、コニカミノルタのこの発表にはさすがに怒り心頭に発する。

コニカミノルタ、カメラ/フォト事業を3月で終了〜デジタル一眼レフ「α」資産をソニーに売却 (Impress デジカメWatch)

カメラ事業、フォト事業の終了と今後の計画について (コニカミノルタ、2006年 1月19日)

これまでお使いいただいているコニカミノルタブランドおよびコニカブランド、ミノルタブランドのカメラ・レンズなどのアフターサービスは、ソニーに委託いたします。

俺が持ってる M-HEXANON レンズも昨年 7月に新品で買ったからまだ保証期間内なんだけど、4月以降はソニーかよ。レンズだからまだいいけど、MINOLTA TC-1 や Konica HEXAR RF や現場監督や α-7 のアフターサービスをソニーができるのか?

過去に銀塩カメラやデジカメから撤退・縮小した企業を俺が知る限り列挙すると

2002年 オリンパスが銀塩一眼レフ撤退(銀塩コンパクトは現在も存続)
2003年 リコーが銀塩カメラ完全撤退
2005年 京セラが日本国内銀塩・デジタルともカメラ事業完全撤退
2006年 ニコンが銀塩カメラ事業縮小、銀塩カメラは一眼レフ 2機種のみ

オリンパスもリコーも京セラもアフターサービスは現在でも継続してるぞ。ニコンもそうするはずだ。

今回の決定により、当社製品をご愛用いただいておりましたお客様に対しまして、ご迷惑をおかけすることのないよう、コニカミノルタグループを挙げて最大限の努力を致す所存です。

「最大限の努力」がすべてソニーに丸投げとは聞いて呆れる。

「ソニー向けデジタル一眼レフカメラ及び交換レンズの製造はコニカミノルタが当面続行する」(デジカメWatchの記事より)ということは、コニカミノルタはソニーへの OEM 供給元となるということか。じゃあ他のカメラやレンズのアフターサービスもソニー経由で実際はコニカミノルタが行うってことか? それならソニーに委託するなんて言わずにコニカミノルタが継続するって言えばいいはずだが、なんだか意味がわからん。

それよりもっとショックだったのはフォト事業終了である。AgfaPhoto の破産でフィルムの選択肢が減ったところへ今度はコニカミノルタもなくなるなんて、もう富士写真フイルムと Kodak しか残ってない。

弊社の写真事業への取組みについて (富士写真フイルム、2006年 1月19日)

そんな時にこの富士写真フイルムのプレスリリースはとても安心した。ともかくコニカミノルタのフィルムはなくなってしまうので、まだネガしか撮ってないのでリバーサルデビューは SINBI にする。

これでかつての小西六写真工業もミノルタカメラもカメラを作るのをやめ、サクラカラーの歴史も終わりとなるわけだ。カメラはともかくフィルムはどこかが買収してくれないかなあ。三菱製紙とか。「三菱カラーフィルム」ってのもあるようだし。いや、今こそチャンスだ EPSON! 感材事業買ってこれがほんとのエプソンカラーだ!

追記: 1月31日

Kodak (日本)も継続宣言。(2006年 1月24日)

追記: 3月20日

ソニー、コニカミノルタ製品の修理窓口を開設 (デジカメWatch)

製品に関する問い合わせは、従来通りコニカミノルタフォトイメージング株式会社が担当。修理に関する問合せ先がソニー株式会社に変わる。また、双眼鏡の修理サポートは株式会社ケンコーになる。

カメラ・双眼鏡製品のアフターサービス及びお問合せ窓口変更のお知らせ (コニカミノルタ、2006年3月17日※現在は消失、2008年 7月17日確認)

ソニーサービスステーションでは修理の取次ぎのみを行っており、実際の修理ならびに製品のお問い合わせについては対応しておりませんので、ご注意ください。

ということは、実際の修理作業は従来通りコニカミノルタフォトイメージングが行う(双眼鏡はケンコー)ということか。コニカミノルタよりはソニーの方が窓口の数は多いかもしれないので、これはこれでいいかも。

コニカミノルタブランドのカメラ並びに関連製品の2006年4月以降のアフターサービスおよび問い合わせ窓口についてのお知らせ (ソニー、2006年3月17日)

「ソニー株式会社にて受託するアフターサービス対象製品」を見ると

コニカミノルタ、旧コニカ、旧ミノルタそれぞれのブランドの、デジタル一眼レフカメラ、デジタルカメラ、フィルム一眼レフカメラ、フィルムカメラ、一眼レフ用交換レンズ、カメラアクセサリーおよび付属品、フィルムスキャナー、写真用メーター。(双眼鏡を除く)

とある。レンジファインダー用交換レンズがない。Konica M-HEXANON だけでなく MINOLTA G-ROKKOR 28mm F3.5 や M-ROKKOR もあるだろう。

追記: 12月30日

ソニー、コニカミノルタカメラ専用の対面修理窓口を変更 (デジカメWatch、2006年8月31日)

コニカミノルタブランドのカメラ並びに関連製品のアフターサービス体制の一部変更についてのご案内 (ソニー、2006年8月31日)

追記: 2010年 2月16日

コニカミノルタ、カメラ関連製品のアフターサービス委託先をケンコーに (デジカメWatch、2010年 2月12日)

コニカミノルタカメラ関連製品のアフターサービス委託先変更のお知らせ (コニカミノルタフォトイメージング、2010年 2月12日)

コニカミノルタカメラ関連製品のアフターサービス業務開始のお知らせ (ケンコー、2010年 2月12日)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中