動機はすべて不純

実は十代の女性アイドルが大好きなのです。

新垣結衣と岩田さゆりの区別がつきません。NTT 東日本の TVCM を見たとき岩田さゆりかと思ったら新垣結衣だった。コンタクトレンズの 2ウィークアキュビューの最近始まった TVCM を見て新垣結衣かと思ったら岩田さゆりらしい。プロモーションサイトの現在の画像もたぶん岩田さゆり。少なくとも明らかに戸田恵梨香ではない。

新垣結衣を知ったのは今年に入ってからである。いわゆる U-15 ジュニアアイドルとかに興味持った事ないし、「ドラゴン桜」観てなかったし、宮崎あおいと榮倉奈々を混同する人も多かったようだから許してくれ。って誰に言ってんだ。

コンタクトレンズで「ほんとの私、デビュー!」って、岩田さゆりが眼鏡かけてるのなんて見たことないぞ。かつて相武紗季も出ていたが、相武紗季はむしろ眼鏡かけた方がいいような。

世間には「メガネっ娘萌え」なんてのがあるようだが、メガネっ娘で俺が思い出すのは「ロング・ラブレター 〜漂流教室〜」(2002年 1月 〜 3月)の鈴木えみだな。「ガモウさん、まゆ毛!」には笑った。

まだその TVCM は一度しか見てない。岩田さゆりに気を取られて、一緒に田中愛里も出ていることに気づかなかった。

ここからやっと本題に入るが、昨年から今年にかけて観た TV ドラマはほとんどがアイドル目当てだった。

「雨と夢のあとに」黒川智花

「がんばっていきまっしょい」相武紗季
岩佐真悠子はおまけ。鈴木杏にはまったく興味なし。佐津川愛美という収穫もあった。

「花より男子」井上真央

「野ブタ。をプロデュース」堀北真希
戸田恵梨香は知らなかった。

「Ns’あおい」石原さとみ

「ガチバカ!」黒川智花
矢口聖来も一応出ているのを確認。U-15 ジュニアアイドルに興味ないと言いながら田中愛里とか矢口聖来とか元おはガールは知ってたりする。でも興味ない。

ただしすべてがアイドル目当てではない。

「3年 B組金八先生」は第 5 シリーズ以降は基本的に全部観ているので第 7 シリーズも観た。でも結果として、岩田さゆりでも黒川智花でもなく福田沙紀を発見したわけだが。「アタックNo.1」は上戸彩が嫌いなので観なかったが、主題歌を福田沙紀が歌っているというのを後で知って観とけばよかったと思ったら、出てなかったようだ。

岩田さゆりも「みんなといっしょ。」とか言ってるけど、このドラマ終わったら普通にハキハキと喋ってるんだろうな、と思ってはいたが、ドラマ終了間際に始まったグリコ乳業「とろ〜りクリームonプリン」の TVCM が岩田さゆりと知ってびっくりしたのを覚えている。こんなに印象が変わるものか。

黒川智花もあまり興味なかったが、直後の「雨と夢のあとに」ではとてもよかった。こんなにも印象が変わるものか、と思った。

「優しい時間」も長澤まさみ目当てではない。脚本倉本聰だから観た。さらに演出に山田太一の娘、宮本理江子(旧姓・石坂理江子)が参加という贅沢なドラマを見逃すわけにはいくまい。それで裏番組の「H2〜君といた日々」が観られなかった。でも再放送で観たら、なんだ石原さとみはただの飾りかよ。堤幸彦もほとんど演出してない(「都合で初回のみの演出だった」という)し、市川由衣には興味ない。

「女王の教室」も決して夏帆目当てではない。そもそも知らなかった。三井のリハウスガールであることも後で知った。たまたまある日の土曜午後 9時にテレビつけたら第 2 話が始まって、なんとなく観ていたら面白かったから観るようになった。第 2 話で「両親の不仲、仲直りさせようとする娘、半ば諦めている姉」のシーンを観て、これは巧いなあ、誰の脚本だ、と思って TV 雑誌を見たら遊川和彦とあったので納得した。

そういえば「富豪刑事」も深田恭子目当てで見ていたが安っぽい内容でつまらなかったのでちゃんと観なかった。最近深田恭子がどんどん無表情になっていく。

十代の女性アイドルが大好き、と最初に書いたけど相武紗季は20歳だし深田恭子も23歳だな。大好きといっても好き嫌いは激しい。上戸彩は嫌い。松浦亜弥は大嫌い。

そういや松浦亜弥が映画「スケバン刑事」の主演と聞いたが、その辺のターゲットは俺も含めみんなケータイ刑事 銭形シリーズに流れていると思われる。もはや手遅れ。

「ケータイ刑事 THE MOVIE バベルの塔の秘密〜銭形姉妹への挑戦状 もう、大人には任せておけない!」

現在公開中。映画「スケバン刑事」の共演が石川梨華とか美勇伝の 3人では、「ハロー! モーニング」のコント以下の出来になりそうだ。深作欣二の息子もその程度の映画監督ってわけだ。

北海道の地上波では「ケータイ刑事 銭形舞」に続き「ケータイ刑事 銭形愛」(2002年10月〜2003年3月)を木曜深夜に放送している。今頃になって当時16歳〜17歳の宮崎あおいに萌えてたりする。ヤマザキナビスコやコンタクトのアイシティの TVCM で見て知ってたし、「ちょっと待って、神様」(2004年)も特に観ようとは思わなかったんだけど。原作の大島弓子「秋日子かく語りき」は昔読んだけどどんな感じだったか忘れたので観ようかと思ったら、泉ピン子が見るに耐えなくてやめたんだった。

そして 4月以降のドラマだが、新垣結衣・戸田恵梨香・鈴木えみ・佐津川愛美、ついでに岩佐真悠子も出る「ギャルサー」は当然観る。矢口真里23歳は無視。黒川智花も昨年の「雨と夢のあとに」と同じ枠のドラマに出るようだが、もう期待はしてない。「ガチバカ!」がつまんなかったし、二匹目のドジョウのような気がするから。「アテンションプリーズ」に相武紗季が出るけれども上戸彩が嫌いなので観ないと思う。

昔はアイドルなんて全然興味なかった。初めて好きになったのは広末涼子だと思う。俺はその頃二十代半ば。クレアラシルの TVCM がどうしても気になって、「ダウンタウンDX」で放送しているのを確認し、番組を録画せずに CM に入るたびに録画ボタンを押してやっとその CM を録画した記憶がある。「ビーチボーイズ」(1997年)「世界で一番パパが好き」(1998年)は良かったが、「Summer Snow」(2000年 7月〜 9月、脚本小松江里子)を観て、ああこの人は俺が期待したような女優ではなかったな、と失望した。でもその直後に観た「オヤジぃ。」(2000年10月〜12月、脚本遊川和彦)はよかった。やっぱりこういう役の方がいいよな。最近この「オヤジぃ。」再放送を観て、怒る演技と泣く演技だけの人だな、と思った。

数えてみたら、女性芸能人の名前を泉ピン子も含めて 27人も書いていた。

追記: 3月24日

コンタクトレンズに関心がないので、新垣結衣がチバビジョン デイリーズ アクアというコンタクトレンズの TVCM に出ていることを知らなかった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中