DVDレコーダーのソフトウェアアップデートは周知徹底されているか

明らかに初期不良だった DVD/VHS レコーダを 7月初めにやっと修理してもらった。初期不良と確信しながらなぜ半年も放っておいたかというと、もともとあまり録画しないし、DVD は録画できないが VHS は問題なく録画・再生できるし、ヨドバシカメラの引き取り修理サービスを利用すると初期不良なのに回収配送料金 3,000円取られるようだし、ソニーに電話しても回収されたら戻ってくるまで何日かかるだろうか、長期不在にすることが多いので長くかかるようなら困る、と思っていたからだ。でもソニーお客様ご相談センターに電話したら自宅への出張修理で光学ドライブユニットの交換と点検だけで済んだ。

把握していた不具合は以下の通り。

  • DVD+RW/-RW を初期化できない、あるいは何度も初期化に失敗する
  • 録画済み DVD+RW ディスクを入れたら自動で初期化してしまった
  • 初期化済みディスクを入れて録画予約したのに「DISC ERR」「録画、再生できないディスクです」などと出て録画されない
  • 録画中に何度も一時停止しては録画再開を繰り返し、予約した録画終了時刻が来る前に途中で勝手に録画終了する
  • そのディスクを見ると数分〜数十秒の「タイトル」がたくさん生成されている

ただし購入直後にフチがデコボコな DVD-RW ディスク10枚を何度も初期化しようとしたことはあえて言わなかった。もしかしたらこれのせいでドライブが疲弊したのかもしれないが、そう判断されると有料修理になってしまうかもしれないと思ったから。ちなみに DVD ビデオは一枚も持ってないので確認できなかったが、CD-R/RW ディスクの MP3・JPEG ファイルの再生は問題なく行えた。

ただ修理してやっと録画できるようになったはいいが、以前初期化できなかった DVD-RW ディスク 8枚は使用不能と言われてしまった。どうやら不良ドライブによってなんらかの記録不能になる信号が書き込まれたとかなんとかで、実際にはさらに DVD-RW 1枚と DVD+RW 1枚が「録画、再生できないディスクです」と出て捨てざるを得なくなってしまった。もしかしたら何度も初期化に挑戦してみたら使えるようになるかもしれないが、またドライブを疲弊させるとなるとまずいのでこの10枚は捨てることにした。

交換後のドライブはファームウェアもアップデートされているようなことを言われたが、そういえばこういう家電機器のファームウェアアップデートってどうなっているんだろうか。と思ってソニーのサイトを見たらこんなリリースが出ていた。

スゴ録”RDR-VX35”無償修理のお知らせとお詫び(更新) (2007年 2月 2日)

うちのレコーダの製造番号を見たらこれの修理対象ではなかったんだけど、「ICチップの条件設定に不具合」ということだから光学ドライブのファームウェアアップデートまではたぶんしないだろう。ということは今回の修理のように光学ドライブユニット交換でもしない限り、こういう家電機器のファームウェアアップデートというのは永遠にされないものなんだろうか。たとえ発売後にメーカーが不具合を確認しても。

といってもファームウェアアップデートというのはパソコンなどコンピュータ機器を扱うようになってから知ったことであり、家電の世界にそういう概念はこれまでなかったと言える。少なくとも消費者の側には。でもこれだけコンピュータ機器が普及して、パソコンは毎月セキュリティフィックスするものという感覚が浸透してくれば、家電機器もファームウェアアップデートサービスを用意するべきじゃないのか。ただ一般にはまだ浸透しているとは言い難いけれども。俺は PC 内蔵光学ドライブのファームウェアを一度はアップデートしたし、5年前に買ったデジカメも購入直後に一度ファームウェアをアップデートした。

地上デジタルチューナー内蔵モデルは自動でソフトウェアをアップデートするようである。

ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-V9/V7」、スゴ録「RDZ-D900A/D800/D700」ソフトウェア更新のお知らせ (2007年 4月16日)

この自動アップデート機能で光学ドライブのファームウェアアップデートも提供されることがあるのか、アップデートできるのかどうかは知らない。ただこれによってソフトウェアの機能拡張まで自動で行って、「アップグレード後の機能の操作方法については、改訂された取扱説明書(PDFファイル)を以下のサイトでダウンロードください」となると、パソコンを使わない人は困るんじゃないか。PDF ファイルのダウンロードもできないし、いつのまにか機能が拡張されているし、そもそもパソコンなら毎月アップデートするものという常識すら知らない人は、家電製品が自動で機能拡張されていたらびっくりするんじゃないか。パソコン持っていてレコーダもインターネットに接続している人でも、ソニーのサイトを意識して見ている人は少ないだろう。

俺が PC に TV チューナーを内蔵もしくは外付けして録画しないのは、これまでビデオデッキという家電製品だけでやってきたことはこれからも家電だけでやりたいからである。HDD に録画してわざわざ CM カットして DVD-R に記録なんてしち面倒くさいことやってられない。CM は割と好きな方だしレコーダに自動早送り機能があるのでそれを利用すればよい。だから家電は家電だけで完結してほしいのである。つまり自動アップデートで機能拡張するなら新機能の操作ガイドなりナビゲーションなりもレコーダ内に提供してほしい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中