私の死体を抱いて泣いてください

テレビ東京系列で金曜深夜に放送している「死化粧師」というドラマ、テレビ東京系列でしかも深夜というのはもったいない。同じ枠で昨年 7月〜 9月の「怨み屋本舗」は書く時機を逸してしまったので今回は今のうちに書いておく。

主に人が死んでからの話なので、自分の友人や身内が死んでもそんなに動揺しないような、強固な死生観を持った人でないとなかなか受け入れられないかもしれない。「千の風になって」という歌を聴いて泣いてるような人にはたぶん向いてない。俺は子供の頃から身内が事故死したり火事で焼死したり友達が夏休みに海で溺れて死んだり、成人してからも親類が乳がんで若くして死んだり幼馴染が事故死したり、人の死というものを何度も見てきているので割と免疫はあるつもりである。両親や兄弟は死んでないが。だから「千の風になって」を聴いてもなんとも思わなかった。「死んでなんかいません」はおかしいだろ。むしろ森山良子作詞の「涙そうそう」の方が良かった。

人は死んだ人の事を時々思い出しながら生きていくものだと思う。葬式というのも生き残った人のためにするものだろう。毎年お盆には墓参りをし、お盆じゃなくても、死んだ祖父が今の家の状況を見たら何て言うだろうかとか、死んだ幼馴染が今の俺を見てどう思うだろうかとか、時々考えたりする。人は誰だっていつかは死ぬんだし、永遠の別れをいつまでも悲しんでいても仕方ない。

日本では死体はすぐ火葬されるんだからゴミ同然、エンバーミングは無意味、と言う医者が出てくるが、確かに死んでいるのに死体は「永遠の生」を得たかのように美しく施されているというのは矛盾している。でも葬送という宗教的儀式の中でエンバーミングも儀式の一つとしてあってもいいんじゃないか。死体がゴミ同然だったら、「燃える大型ゴミ」の日に清掃業者に回収してもらってゴミと一緒にゴミ焼却炉の中で燃やしてもらっても構わないということになるが、日本にそういうシステムはない。遺骨がゴミのように扱われることはないし、ゴミならお墓も必要なくなる。「永遠の生」を得たかのような死体は確かに「偽りの生」なんだけど、死んだ人との思い出は生き残った人の心の中でずっと生き続けると考えれば、最後の思い出を美しくしたいと願うのを妨げる理由はない。

ただ俺は今さらエンバーミングなんておおげさなものは必要としないな。普通の死に化粧でいい。事故死した幼馴染はかなり悲惨な状態で全身包帯だった。2歳で焼死したいとこなんて小さい黒い塊だったらしい。直接見てないけど。そういうのを過去に見ているんで、死体を美しくしてほしいとは思わない。

第 2 話で死期を悟った父親が家族との写真の裏に伝言を書く場面があって、その印画紙をよく見ると「KONICA MINOLTA Long Life 100」とある。もうすぐ死ぬのに「Long Life 100」、そして死後エンバーミングされてそのまま100年生きそうな姿となって家族と再会する。しかもこの印画紙はコニカミノルタの写真事業撤退によって消滅し今は「DNP CENTURIA PAPER」に置き換えられている。こんな細かい所にも凝っているのが好感持てる。

何やら次回の第 4 話(テレビ大阪は一週遅れ)から早くも話が動き出しそうだが、人の死にはいろんな死に方があるのでそれらを考えると課題も多いだろう。例えば自殺した人のエンバーミングを依頼されたらどうするのか。遺族は望んでも自殺した本人は望まないんじゃないか。脳死と判定されて臓器提供した人のエンバーミングはできるのか。これはエンバーミングと直接関係ないが、「脳死」という状態はまだ心臓が動いていて体温もある状態であり、脳死判定された本人が臓器提供意志表示カードを持っていたとしても、家族が「死」を受け入れないという場面も想像される。そして脳死判定されて心臓が移植されないまままだ動いている「死体」のエンバーミングを依頼されるようなことはあるのか。昨年のドラマ版「Ns’あおい」(2006年 1月〜 3月フジテレビ系)では「尊厳死」にも触れていたが、医療を行う医師や看護師と、死者を扱うエンバーマー、そして遺族、それぞれ「尊厳死」をどのように考えるのかも見てみたい。他にも死体に対する変質者的性向を持つ人からの依頼とか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中