恋をしたのか?

「エジソンの母」(※1)最終話で男子が女子トイレに入るのって、エロいか? …よく考えるとエロいかもしれない。俺も直前の記事で「エロい」を連発してたけど、小学一年生の女の子に「エロい」ってセリフは不自然な気が。こっそりとクドカンを揶揄? 「今度エロくない人にエロいなんて言ったら許しませんよ」。わかりました。自重します。一つだけ弁解させてもらうと、確かに「妊婦ってエロいよな」はかなり不謹慎な発言だと思うけど、あれはアラーキー的なエロスという意味で書いたんです。

先日 NHK 教育テレビの「科学はたのしい!」という番組を見ていたら、分子生物学の福岡伸一氏が出ていた(※2)。トノサマバッタが今まさに交尾している最中の映像が。エロ〜い。あっ…。いや、オスはおしなべてエロい生き物なんです。それが動物としての本能。直前の記事のように「小野真弓を妊娠させてー」とストレートに言うより、「あのコの細胞にオイラの二重らせんを注入したい…」なんて言う方がエロいような気がするが。人間の場合はともかく、動物の本能としての生殖行為ってものを冷静に考えると、交尾ってエロいのかエロくないのかよくわからない。

ところで「未来講師めぐる」は第 5 話まで、「コスプレ幽霊 紅蓮女」は第 7 話までで断念した(※3)が、どちらも最終話だけなんとなく観た。「未来講師めぐる」は途中からだけど。ヅラのパス回しをしてるあたりから。また深田恭子の口が半開き。「食べてる途中でしょうが」は「北の国から ’84夏」だな。わざわざ田中邦衛のものまねしてくれなくてもわかるから。どちらのドラマも最終回まで全部観る程のものではなかった。「未来ナースめぐる」は黒川智花もナースにした方がウケは良かったんじゃないかな。あるいは不治の病で闘病中の入院患者とか。

「鹿男あをによし」(※4)は初めは多部未華子を見るためだけのつもりだったのが、期せずしてハマってしまった。ストーリーの性格上途中で記事を書くわけにもいかず。謎に対する推測が外れてたらただの恥さらしだし。原作読めばわかるんだろうけど。第 1 話の「鹿せんべい そんなにうまいか」がずっと気になっていて、その謎が第 7 話で明かされた時は、もう一度第 1 話から全部観なおしたくなった。全編において言葉遣いにとても気を配っている印象を受けた。「赤川次郎ミステリー 4姉妹探偵団」(※5)が小生意気な女子高生がいつも刑事にタメ口で言葉遣いも汚かったんで、それとの対比でそう感じたのかもしれない。「鹿男あをによし」最終話でいきなり恋愛モードって大丈夫か、と思ったが、実際観たら納得の内容であった。自分の好きなアイドルや若手女優のキスシーンってあまり見たくないものだけど、あれは良かった。

アイドルや若手女優から受ける印象は、俺の場合は第一印象がかなり重要で、多部未華子は昨年春のサントリー天然水 <南アルプス> の TVCM で心を奪われて、その後ドラマ「山田太郎ものがたり」(※6)で初めて演技を見た。だからそれまで演じた役とは違う(と思われる)インパクトのある役が第一印象になっちゃってるんだけど、あの玉の輿を妄想する笑顔が強く印象に残っているから、今回どんなにカメラを睨みつけたり不機嫌な表情をしていても、あの笑顔を覚えているから何とも思わない。あれのおかげでいろんな多部未華子を想像できるので楽しい。テレビのお笑い芸人のネタ見せ番組でチュートリアル徳井が女装変態ネタやってるの見て笑い転げてるんだろうか。あーおっかしーい、おなかいたーい、とか言って。それに声がいい。いじめられっ子みたいな声なんだけど芯は強い、という感じの声。恋をしたのか?と問われれば、鹿のように啼くしかない。

Yuming Films vol.2「バイバイ、ベアー 〜青いエアメイル」で演じたようなのがいつもやってる役なんだろうな。昨年末に NHK 総合で放送された時に観たんだけど、ほとんど独白的ナレーションだけで話が進むので、映像いらねえだろ、と思った。ラジオドラマでやれ。vol.1「リフレインが叫んでる」も似たような感じだった。vol.3「新年好(シンニェンハオ)! 〜A HAPPY NEW YEAR〜」だけがまともであった。

※1 「エジソンの母」2008年 1月 – 3月 TBS系、全10話

※2 NHK高校講座 科学はたのしい!「生物多様性のひみつ 〜生物〜」NHK教育2008年 3月26日(水)午後 3:00〜午後 3:30 放送

※3 「未来講師めぐる」「コスプレ幽霊 紅蓮女」いずれも直前の記事を参照。前者は全10話、後者は全12話。

※4 「鹿男あをによし」2008年 1月 – 3月フジテレビ系木曜 22時〜、全10話

※5 「赤川次郎ミステリー 4姉妹探偵団」これも直前の記事を参照、全9話。「あまりにひどいのでもう観ない」と書いておきながら 3話から 8話までなぜかずっと観てしまった。

※6 「山田太郎ものがたり」2007年 7月 – 9月 TBS系、全10話のようだがこれも途中で断念してしまった。ドラマ自体はコメディどころかコント以下の内容であった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中