がん細胞から宇宙まで

08042001

オリンパス ココロとカラダ、にんげんのぜんぶ (Flash Player が必要)

最近流れている TVCM には「にんげん(22才女)」が出ているが、「動物園」篇にアヒルは出てこないんだ。

昨年2007年は「私の心配をしてくれる人が、私は心配」と言って「妻の内視鏡検査」という CM があったが、それより自宅から行ける距離にある病院で、そういう口からも鼻からも入れられる最新の内視鏡を導入している所があるか、私は心配。

最近行った病院に、内視鏡は口からも鼻からも入れられます、というポスターが貼られていて、オリンパスの作ったポスターだった。その病院にはオリンパスの内視鏡が導入されているようだ。関係ないけど病院の待合室に貼られているポスターとか、診察室の机の上の卓上カレンダーとか、そういう小物までみんな製薬会社や医療機器の会社が提供したものなんだよな。そうやって営業活動してるわけだ。内視鏡といえば

FUJIFILM | 世界は、ひとつずつ変えることができる。 (同じく Flash Player が必要)

こっちの富士フイルムの TVCM の方がよく見かける。富士フイルムのトップページ

http://fujifilm.jp/index.html

はいまだに Opera で Flash が動作しない。「Internet Explorer として認識させる」「Firefox として認識させる」「Opera として認識させる」どれにしても動かない。一昨年2006年 7月にも指摘したことだが。でもプロモーションサイト and-fujifilm.jp は、これならそんなにオエッとしない。じゃなくて、Opera でも Flash が問題なく動作する。

かつてオリンパスの銀塩一眼レフ OM システムは「バクテリアから宇宙まで」をキャッチフレーズとしたが、宇宙にはフジノンレンズが行ってしまったし、乳がんを早期発見するマンモグラフィとか、今や富士フイルムが「がん細胞から宇宙まで」を実現してしまったようだ。内視鏡の TVCM も具体的でわかりやすい。オリンパスは「世界で初めて胃カメラを実用化した会社」だけで終わってるようで、それ以上何とも思わない。

月周回衛星「かぐや(SELENE)」にフジノンレンズが搭載されたのは NHK 経営委員会の委員長が富士フイルム社長であることと関係があるのかもしれないし、「かぐや」が撮影した動画が主に NHK からしか公開されないのもこの辺の裏事情があるのかもしれない。

かぐや画像ギャラリー (ここも Flash Player が必要)

こんなサイトもあるけどね。ともかく富士フイルムのような大企業にオリンパスが対抗するにはもっと TVCM の訴求力を高めないと。内視鏡シェアトップとはいえ企業 CM は一般人に向けたものだから、どっちの企業に好感を持つかが重要である。

ちなみに上の画像は Exif データを残してあります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中