匂う、既視の香り

死体が消えた! さっき確かに見たのに…。あっ! あそこにナイフが。死体が発見された? 場所はここから車飛ばして一時間もかかる所!? どうやって移動したんだろう…。あっ、そうか! 犯人は「あなたしか考えられないんです」「あなたは一つだけミスを犯しました」。あの時あなたの立っていた場所から、下にあるナイフは見えない—。この話はドラマ「キミ犯人じゃないよね?」(※1)第 4 話ではない。「ケータイ刑事 銭形愛」(※2)第 1 話である。念のため言っておくが、パロディとか盗作ではない。同じ人が脚本を書いている。

同じ枠の前番組「未来講師めぐる」最終回後の予告で、金剛地武志が刑事ドラマの鑑識の格好で出てきて「わたくし柴田が」〜などと言っていたので、これはケータイ刑事 銭形シリーズ(リンク先は Wikipedia)と密接につながっていたりするのか?と期待してみたが、BS-i は TBS 系列、ここはテレビ朝日。制作会社もあっちは TBS グループの会社。共通しているのはチーフ脚本家だけであった。

でも脚本家が一人共通しているだけでも充分なわけで、金剛地武志は同じ役名・ほぼ同じ設定で出演しているし、ケータイ刑事を観た人に対しても何らかの形でマニアックな「小ネタ」を提供してくれるかも、と思ってはいた。ただ俺が観たのは「銭形愛」の一部を除く回と、「銭形舞」を何回かだけ。観た回の焼き直しで良かった。

楽屋から逃走する浜田山(大堀こういち)を見て"ささやき刑事"(升毅)が一言、

「匂う、悪の香り」

わかりやすいですね。これだけでなく、冒頭に書いた「あなたしか考えられないんです」「あなたは一つだけミスを犯しました」など、まったく同じセリフを意図的に入れたんだろう。「銭形愛」第 1 話で柴田太郎(金剛地武志)は

「死体は真実を語っている」

と言っていたが、今回のドラマの公式サイトによれば、「遺体は真実を語っている」が口癖、と微妙に変えてある。この第 4 話の台本を読んで彼は 5年半前の「銭形愛」第 1 話を思い出しただろうか。

ただし共通しているのは冒頭に書いた部分だけ。「銭形愛」第 1 話では前半でナイフが見えないことに気付いて「あなたは一つだけミスを犯しました」と言っているが、その時点では推理に失敗している。だから本当は、犯人は「あなたしか考えられないんです」というセリフは後で出てくる。死体を「移動」させたトリックも違っている。今回はもっと手が込んでいるので、謎を解く手がかりも少しずつ、いくつも出てくる。謎が解けた時の決まり文句、「森田さくら、このヤマいただきっ!」そこはさすがに

「謎は解けたよ、ワトソン君」

とはいかなかったか。

最後に極め付きの小ネタとして、劇団の公演の演目が「キングアンドリウの暗殺」。銭形シリーズのプロデューサーの名前にも掛けてあるが、今年 3月まで放送していた「ケータイ刑事 銭形海」3rd シリーズ第10話〜12話が舞台公演で、こんなタイトルだったようだ。

「シリーズ最後の舞台!!遂に公開!後悔しないよ!死の航海?!〜超豪華キングアンドリウ II 世号殺人事件」

これも脚本は同じ林誠人(リンク先は Wikipedia)。「特捜最前線」の頃から20年以上のキャリアのある脚本家とは知らなかった。

ともかく俺としてはこの第 4 話で所期の目的を達したので、後は貫地谷しほりの "七変化" に魅力を感じるか、かな。基本的に一話完結だし、失われた過去の記憶とか全然知りたいと思わない。

※1 「キミ犯人じゃないよね?」テレビ朝日系金曜 23:15〜、地域により変動

※2 「ケータイ刑事 銭形愛」2002年10月 – 2003年 3月 BS-i

追記: 改めてもう一度観たら、要潤が「じっちゃんの名にかけて」と口走っていて、「銭形愛」第 1 話でも「おじいちゃまの名にかけて」というセリフがあった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中