草かんむりにカミナリと書いて

消えそうに 咲きそうな (コブクロ「蕾」)

08070601

「つぼみ」って字、草かんむりにカミナリって書くんだな。

「雷」(かみなり)のもとの字は雨かんむりの下に「田」が三角状に三つ並んだもので、さらに古い書体は雨かんむり無しで「田」が四つだったという。これは「いなずまが直線を重ねたように走るさま」(『新漢語林』大修館書店、2004年)「稲妻が放射する形」(白川静『常用字解』平凡社、2003年)などと説明されている。この「雷」の上に草かんむりで「蕾」ってことは、花のつぼみ自体がカミナリのようだということか。

上のは 6月下旬の写真ですが、この蕾が咲くとどうなるかというと、こんな感じ。

08070602

ただしこれは 6年前の写真。発色傾向が違うのはカメラが違うからです。蕾のはオリンパス μ780、咲いてるのはキヤノン PowerShot S30。

むしろ花開いた状態の方こそ、稲妻が走ってるように見えなくもないと思うのだが。このクレマチスという花に限らず。

WELCOME ようこそ日本へ (SMAP「Dear WOMAN」)

08070603

資生堂の TVCM に出てくる花、あんなのは花じゃありません。全然生き物に見えません。こういうあまり手入れされてないみすぼらしい花こそ、植物として生きているって感じがします。「花屋の店先に並んだ」きれいな花だけを見ている時点で世界中を見てません。売り物にならないと判断されて捨てられる切り花や、咲かずに枯れてしまう花もあるはずです。そういう生きとし生けるものすべて、死んでゆくものにも思いを馳せる想像力を持っていたいです。

虫が苦手な人に配慮してサムネイルは見せませんが、花芯にアリが集まってくることもあるのです。こういう花を見ても「とびきりの運命に 心からありがとう」と思えるかどうか。

写真を見る(640 x 430 ピクセル)

これは 5年前の写真。これは赤いツバキの木なのに、昨年はなぜか一部の枝だけ白い花が咲いてました。フィルムで撮ったんでスキャナ持ってないんでアップできませんが。ていうか手入れしなさすぎなんだけどね。

どんなに小さなつぼみでも 一つだけのHappiness (嵐「Happiness」)

08070605

白いバラです。花の小さい品種ではありません。

なお歌詞は Yahoo! ミュージックで確認しました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中