連続ドラマというフォーマットで教育を語る

ドラマ「学校じゃ教えられない!」(※1)が低視聴率だったそうだ。放送が終わってから一か月以上たつが、言わなければならないと思ったことがあるので書く。

生徒役 5組10人と教師 3人(校長含む)の設定やキャラクターを作り込んで、全員分のエピソードを用意して、作り手がすべての登場人物に等しく愛情を注ぐ。こういう姿勢こそが教育の基本なんだろうな。10話連続という形式を最大限に生かして、各回でテーマを設定して教育を語る。こうして時間をかけて丁寧に練り上げて作ったドラマが低視聴率で受け入れられないなんて、俺もそろそろ連続ドラマ観る時間と記憶力を別の方面へ振り向けた方がいいんじゃないかと思うようになった。

このドラマを観る前に生徒役で名前と顔が一致していたのは仲里依紗だけで、出演者クレジットの中に朝倉あきという名前を見つけたとき、確か「パズル」(※2)に出てなかったか、と思っただけでそっちでの印象はほとんど残ってなかった。それが終わった頃には生徒役全員のエピソードをほぼ記憶していて、少なくとも女子生徒役 5人の役名でなく芸名と顔が一致していた。俺は普段でもできるだけ人の顔と名前を早く覚えようとするのでそうなるんだけど、普通の人には生徒10人教師 3人に周囲の人々も合わせると多すぎて覚えられなくて、すべてのエピソードを追っていく記憶力も気力もないといったところか。

ストーリーを積み重ねていくタイプの連続ドラマであるから、全部ではないにしても前の話を記憶してないと後の話が理解できなかったりする。たぶん今の視聴者の多くは前の話をちゃんと記憶できないので、「相棒」や昨年の「ガリレオ」のような一話完結方式のドラマしか高視聴率を獲得できないんだろう(「ラスト・フレンズ」は例外か。観てないから知らぬ)。生徒役 5組10人といってもメイン 2組 4人とサブ 3組 6人に分けているのにそれでもストーリーを追えないのか。それとも昔の「毎度おさわがせします」(※3)のようなエッチな映像もあるコメディを期待して当てが外れたということか。むしろ 5年前の「Stand Up!!」(※4)をより真面目に作ったという内容なので、そう考えると低視聴率も仕方ないかな。

こういう教育的な視点で真面目に作られたドラマは中高生はもとより大人こそ観るべきだと思う。大人になれば誰でも若者に何かを教えなきゃならない機会があるし、大人でなくても小学校高学年にもなれば年下の子供の面倒を見なきゃならないというのが昔の地域社会の習慣としてあったのだが、今の世間一般の人々にはそれが忘れられているのだろうか。教育関係者でなくても、自分の子供でなくても、大人はみんなで子供を育てて見守る、それが大人の義務だと思う。今はそれよりも、自分が「モンスターペアレント」と呼ばれるような事をしていないかどうかをチェックする方が重要なんだろう。あたくしはモンスターじゃないざます、ほんとにこの親はひどいざますわね、そう言ったらモンスター扱いされるざますか、気を付けるざます、なんて。

ところで女子生徒役 5人のうち仲里依紗と朝倉あき以外は初めて見たと思っていたが、最近調べたら加藤みづきは今年初めの「コスプレ幽霊 紅蓮女」(※5)に生徒役でレギュラー出演、夏目鈴は昨年の「ライフ」、柳生みゆは映画「それでもボクはやってない」(2007年)で痴漢に遭った中学生役と、全員一度は見かけたことがあるのだった。むしろ朝倉あきの方がほとんど初めてだし、仲里依紗も昨年の織田裕二主演「冗談じゃない!」(※6)をチラッと見て知っただけで「ハチワンダイバー」(※7)はほとんど観てないし一昨年の「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」(※8)も記憶に残ってないのでほぼ初めて。アニメ映画「時をかける少女」(2006年)の主人公を仲里依紗のイメージで見ると、がっかりするかも。まだ観てないけど。

「学校じゃ教えられない!」のスピンオフ動画見ようとしたら Internet Explorer 専用とあってムカついて見てなかったらもう配信終了してた。俺は Mac じゃないけど Mac ユーザー無視という第2日本テレビの仕様は腹立たしい(追記参照)。

※1 「学校じゃ教えられない!」2008年 7月 – 9月日本テレビ系、全10話

※2 「パズル」2008年 4月 – 6月 ABC・テレビ朝日系。ドラマの内容がアレなんでほとんど観てなかった。「富豪刑事」「富豪刑事デラックス」と同様の毎回ワンパターンでスベりまくりのドラマ。

※3 「毎度おさわがせします」第 1 シリーズは1985年 1月 – 3月 TBS系。ちなみに中山美穂のデビュー作。

※4 「Stand Up!!」2003年 7月 – 9月 TBS系、演出堤幸彦ほか。堤幸彦は「TRICK劇場版2」(2006年)あたりでぶっ壊れたと思っているが、この頃はまだまともだった。

※5 「コスプレ幽霊 紅蓮女」2008年 1月 – 3月テレビ東京系

※6 「冗談じゃない!」2007年 4月 – 6月 TBS系

※7 「ハチワンダイバー」2008年 5月 – 7月フジテレビ系

※8 「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」2006年 7月 – 9月日本テレビ系

追記: 10月25日

第2日本テレビ刷新–動画はFlashベースに:アカマイの配信インフラを採用 (CNET Japan、2008/10/22)

10月20日にリニューアルしたそうだ。3か月早かったらなあ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中