蒼い蒼いあの空

08122801

「家の光」2009年 1月号最初のページ、花の写真の連載で吉住志穂は「冬の晴天時は光が鋭い」という。この連載いつからこの人の担当になったのか。「一月の空気が澄んでいる」「頭上には一点の曇りもない青空」というが、北海道の冬は曇って雪が降っているか、たまに晴れても雲が多いような印象がある。ていうかこの人の文章つまんねえ。前任者の方が良かった。上の写真は12月中旬だが、この年末年始の北海道はずっと雪のようだ。

北海道では冬よりも 6月中旬の方が雲一つない青空を見られる。湿度も低いし。ちょうど夏至が近くて昼になると太陽が空の高い位置に来るからなのか、景色もコントラストが高いというか、色にメリハリがあるというか。自分の視力が良くなったのかと思うくらいである。硬調な発色のフィルムで撮った感じ。冬になると逆に軟調になって景色全体が暖色傾向になる印象がある。雪は白いけれども日差しが黄色くなる。太陽が低いからか。夕焼けや朝焼けが赤やオレンジやピンクになるのと同じ原理か。寒いから暖色を欲するというのもあるかもしれない。

同じ「家の光」2009年 1月号で気象予報士の森田正光は連載で、「フェルメール・ブルー」の話から始まって『色彩辞典』によるスカイブルーの定義について書いている。ニューヨークの夏の青空ということは、緯度や湿度の面でも北海道の夏の青空はその定義のスカイブルーに近いかもしれない。と思って緯度を調べたらニューヨークと青森がほぼ同じ緯度らしい。

俺は北海道の田舎育ちなので空はあまり撮らない。撮っても桜や紅葉の木を下から見上げて青空を背景に撮るくらい。だって田舎では周囲に高い建物がないから普通に立って360度見回しても上半分が空だから、わざわざ真上の青空を見上げるなんてことはしない。都会に出て来ても空には関心が向かない。オリンパスがデジタル一眼レフで「オリンパスブルー」というのをアピールしているが、青空のどこが面白いのか。ああ、海も青いか。

ところで記事タイトルはいきものがかり「ブルーバード」の歌詞だが、いきものがかりってどんだけタイアップしてるんだよ。「帰りたくなったよ」が映画「砂時計」、「プラネタリウム」が NHK のドラマ「キャットストリート」の主題歌だったのは知ってたが、いつだったか NHK の「スタジオパークからこんにちは」を見ていたらエンディング曲が流れてきてもしかしてこれもいきものがかりか?と思ったらやっぱりそうだった。シングル「プラネタリウム」カップリングの「Happy Smile Again」。それから最近では「気まぐれロマンティック」という曲もドラマの主題歌だそうで、「ブルーバード」もアニメのオープニング曲だったようだ。いまどきタイアップすりゃ売れるって時代でもないし、それでもこんなにタイアップが多いってことは Sony Music がそれだけ力入れてるってことなのか。作る側・売る側が曲そのものや歌手の実力に自信持てないことの裏返しのような気もするが。

俺は17歳の頃中島みゆきの曲に衝撃を受けてからずっと女性ヴォーカルの曲に惹かれる傾向があって、中島美嘉や一青窈が気になったこともあったが、絢香のような強いヴォーカルもいいし、いきものがかりも上に書いた 5曲が入っている12月24日発売のアルバム「My song Your song」をどうするか迷っている。Sony Music だから着うたフル(※)で提供されても iTunes Store にはないだろうから CD を買ってしまうのが確実だろうけど。

いきものがかりは NHK 紅白でどっちを歌うのかと思ったら、メジャーデビュー曲「SAKURA」らしい。あれってデビュー曲だったのか。

http://www.au.kddi.com/chaku_uta_full/index.html

「着うた®」「着うたフル®」「着うたフルプラス™」は、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントの登録商標または商標登録です。

KDDI、AAC/320kbpsの高音質配信「着うたフルプラス」を開始 (ITmedia +D LifeStyle、2008年12月 8日)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中