三番手 Ferrania

FUJIFILM films for overseas (MADE IN JAPAN)

証拠写真のようなものですが、富士フイルムの海外向けカラーネガ FUJICOLOR PRO 400H と PRO 160C です。来年使う予定です。

Kodak discontinued films

次に販売終了で後継製品もないフィルム、Kodak 編。この他に DNP CENTURIA の 200 だけ手元に残っている。富士フイルムはカラーネガを改良して後継製品としたり、リバーサルフィルムでも新製品や復刻など製品数は減っていないが、Kodak は減少している。もともと富士フイルムと比較して製品数が多かったとも言えるか。

Ferrania films (include AGFAPHOTO)

輸入ものである Ferrania Solaris FG PLUS 100/200/400 と AGFAPHOTO vista 100。vista 400 は現在使用中。これらがもっと入手しやすくなれば、撤退したコニカミノルタのフィルムの代替ともなるし、もしかしたら常用カラーネガとなるかもしれない。ISO400 では富士フイルム SUPERIA Venus400 のけばけばしい色彩が嫌いだったので SUPERIA PREMIUM400 も使う気にならないし、かといって Kodak SUPER GOLD 400 は渋くて地味すぎるし、PRO 400 や PORTRA 400NC/400VC は高い、となると消去法で SUPERIA X-TRA400 だけになってしまう。これはまだ使ったことないのでどんな色か知らないが、やはり富士フイルムの色なんだろう。AGFAPHOTO vista は 400 も 100 も面白い色になったので(ただしどちらも Kodak の DPE だった)、Ferrania Solaris FG PLUS が果たしてどんな色になるか。

09050504

左が昨年2008年 1月に買ったもので、右が最近買ったもの。ヴィレッジヴァンガードの一部店舗で Solaris FG PLUS の 135 フィルムも売ってくれるようになって少しだけ入手しやすくなった。それより最近買った 400 の箱には

MADE IN: A in EU – B in U.S.A.

と書いてある。アメリカにも Ferrania 社の工場があるのか?それとも他社製品の OEM 供給を受けるのか?

09050505

有効期限は「01 2011A」と末尾に A の文字があるので MADE IN EU のようである。

ヴィレッジヴァンガードには Lomography のフィルムなんてのもあったが、3本パックしかなかったので買わなかった。

LOMOGRAPHY FILM

REDSCALE フィルムなんて面白そうだけどな。デジタルでモノクロで撮って調色すると思惑通りの色にしかならないが、REDSCALE フィルムだと状況によって意図しない色に変化したりして予測できないだろうし、基本的にカラーフィルムだろうからモノクロに色を付けるのとは違う。1本ずつ売ってくれないか。

フィルムパトローネのフィルム出口あたりのデザインが AGFAPHOTO vista にそっくり(この記事の 2枚目の画像参照)なのでこれも Ferrania 社製だろうか(昨年 1月の記事参照)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中