トイカメラ向きフィルムとトイカメラ以下の古いカメラ

先日 Ferrania Solaris FG PLUS の現像同時プリントをヨドバシカメラ札幌店に依頼したら、当店では Solaris の現像に対応してないので外注になりますが、などと言われた。ということは富士フイルムや Kodak やコニカミノルタや DNP のネガの場合、基本的にヨドバシカメラ札幌店で現像・プリントしてるんだ。今まで気づかなかった。それまで Solaris や AGFAPHOTO vista はビックカメラ札幌店に現像同時プリントしてもらうことが多く、「コダック純正」と頼めば外注、何も言わなければ最近はフロンティアで即日仕上げとなっていた。Solaris も含めて。

AGFAPHOTO vista と Ferrania Solaris FG PLUS を何度か使ってみた結果、両者はほとんど同じフィルムであるという結論に達した。同じレンズとカメラ、同じ現像所に現像(ただし同時プリント L 判のみ特に指示なし)してもらってそう感じた。かつての DNP CENTURIA と Kodak GOLD/SUPER GOLD 以上によく似ている。

最近はビックカメラ札幌店のフィルム売り場にも Solaris FG PLUS 100 と 400 が置いてある。135フィルムの36枚撮りだけでなく24枚撮りもあった。ヴィレッジヴァンガードには AGFAPHOTO vista 400 がある。どちらか入手しやすい方を使えばいい。

「コダック純正」DPE であれフロンティア仕上げであれ Solaris や AGFAPHOTO vista は独特の色になる。濃い目の発色。富士フイルムのカラーネガのような鮮やかさと違って、油絵のような濃さ。それと日陰が青みがかる。昼過ぎから夕方の間くらいの時間帯に撮ったら日陰だけでなく全体的に青くなったことがある。それからシャープさに欠けるような気がする。線が太いというか。単にピントが合ってなかったり手ブレ・被写体ブレしてるだけかもしれないが。

色が濃くて低解像という面がトイカメラ向きと言われる所以かもしれない。Kodak や富士フイルムと比較して技術的に劣っていると言ってしまえばそれまでだが、常に高解像な写真が「良い写真」なのか?というとそんなことはないだろう。トイカメラの低解像や周辺減光も一つの表現であって、否定する理由はない。トイカメラ文化の写真が受け入れられているからそれなりに売れているんだろうし、デジタルでも一眼レフ等メインストリームが常に多画素・高解像を追求する一方で Vista Quest なんてのが出てくるわけである。

ただ、普通のレンズ・カメラでトイカメラ向きなカラーネガを何度も使っていると、飽きてくる。富士フイルムのいかにもな鮮やかさは嫌いだし、Kodak GOLD/SUPER GOLD は地味、PORTRA は 5本パックでしか売ってないし高いから手を出しにくい、という時に Solaris/vista で妥協する、というのはある。でもこればっかりだと飽きる。たまにはフジカラーの鮮やかさもいいだろうし、そのうちまた PORTRA も買ってみるか。

壊れていると思ったら壊れてなかったオリンパス Pen EE-3(2007年 9月27日2008年 1月11日)に Kodak ULTRA MAX 400 を入れて撮ってみたら、どうやら光線漏れがあるらしい。ハーフサイズなのでネガには縦長に記録されているのだが、プリントされた写真で右側半分弱が露出オーバーになっているものがいくつもある。ネガを見るとパーフォレーションの穴の辺りまで黒くなっているので光線漏れだろう。シャッターを切って撮影して巻き上げた後に光が当たっているのではないか。約30年前に中古で買ったカメラ、それもいったんは壊れていたと思われるカメラだから、今さら修理して使う気にはならない。使えないものとして諦めよう。これではトイカメラ以下。でも光線漏れしなかった写真は普通のきれいな写真なのでトイカメラ以下は言い過ぎか。ともかく自分にとって銀塩カメラは 2台で十分なので Pen EE-3 は必要ない。

ビックカメラの店頭で富士フイルム KLASSE W が 49,800円に値下げされていた。最短撮影距離 0.3m、レンジファインダー用 28mm レンズより近づけるし、さらに AF でフラッシュも内蔵している。絞り開放でシャッター最速 1/500秒というのさえ容認できれば交換レンズを買うより得である。広角は確かに欲しいのだが、これを買うと CONTAX T3 を使わなくなってしまうおそれがある。せっかく持っているものは使い続けたいし、広角は写る範囲が広いのでデジタルでライブビューで撮るのがベストだと思うし、35mm しかなければその制約の中でできる限り工夫するのが表現というものであろう。ということで KLASSE W は見送り。

札幌市北区のパラダイスというカメラ店で KLASSE W の貸し出しをしているらしい。これは機会があったら利用するかもしれない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中