Twitter クライアント渉猟その2

●Twitter for iPhone を捨てましょう

Twitter for iPhone から yfrog.com に画像を投稿すると通常の携帯電話からは画像を見られない、という不具合があるようだ。対策としては twitpic.com に画像を投稿するか、他の Twitter クライアントアプリに乗り換えるかだろうが、Twitter 社はこれを不具合と考えてないのだろうか。

ところで Twitter 社は他社や開発者に対し、もう Twitter クライアントアプリを作るな、Twitter 社が公式アプリを用意する、これと競合するものを作るな、という方針らしい。

TwitterがAPIのサービス約定に重大変更–もう’クライアント’は作ってはいけない!? (TechCrunch Japan、2011年 3月15日)

Twitter、サードパーティによるクライアント開発の制限強化へ (スラッシュドット・ジャパン、2011年 3月14日)

API が公開されている以上作れるし、作るなと言われても作ってしまうのが主にオープンソースの開発者なわけで、iPhone 向け公式クライアントは使いにくいのだから、サードパーティ開発のクライアントを積極的に使いましょう。

bit.ly 短縮 URL で拡散した Twitter ウイルスというのが少し前にあったが、これは主に Twitter for iPhone で拡散したらしい。

Twitterウィルス‘Tweet Viewer’が拡散中–ご用心を (TechCrunch Japan、2011年 3月 6日)

[アクセスを無効化し, パスワードを変えた。iPhoneのTwitterアプリはおかしいね。なんだか分からないリンクでも勝手にクリックしちゃうから。]

というわけで攻撃されやすい、不具合もある公式クライアントは捨てて、他のアプリを使いましょう。と言っても私はスマートフォンもタブレットも所有してないので、知っているアプリの紹介だけにします。

Twitterrific

iOS 版だけでなく Mac OS X 版もあり。Twitter と Identi.ca / StatusNet にも対応。

Twitterrific for Twitter (iTunes App Store)

Plume

私は iOS 端末に関心がないのでここからは Android アプリ。これは Twitter のみ、Identi.ca/StatusNet 非対応。

Plume for Twitter (Android Market)

Seesmic

Android 版だけでなく iOS、BlackBerry、Windows Phone 7 版もあるようだ。Android 版は Identi.ca/StatusNet、Facebook、Google Buzz その他多くのサービスにも対応。

Seesmic (Android Market)

TWIDROYD

Identi.ca/StatusNet にも対応。一時期 Twitter 社からアクセス停止措置を受けていた。

利用約款違反で停止中のUberSocialとTwidroydは復活―UberMediaのiPhoneアプリはTwitterの審査待ち (TechCrunch Japan、2011年 2月22日)

TWIDROYD for Twitter (Android Market)

mustard

これも Identi.ca/StatusNet にも対応。

mustard (Android Market)

StatusNet for iPhoneStatusNet for Android

一応 StatusNet 公式アプリも。Identi.ca はもちろん対応しているが Twitter や他の Twitter 互換 API 採用サービス(WordPress.com や Tumblr など)を利用できるかはわからない。

StatusNet for iPhone (iTunes App Store)

StatusNet for Android (Android Market)

GwibberHotot

ここからは Linux デスクトップ向け Twitter/Identi.ca クライアント。昨年の記事の続き。もう一年も前になるんだな。Windows 向けクライアントは諦めた。

Debian GNU/Linux 6.0 squeeze では Gwibber で Identi.ca のみにログイン・投稿している。Twitter は OAuth 認証でしかログインできなくなり、それに対応してない古いバージョンなので。でも非常にシンプルで軽くて良い。

Google Chrome をインストールしているので Twitter には Hotot for Chrome でログインしている。

Hotot for Chrome (Chrome Web Store)

最初のログインの際に twitter.com に行って OAuth 認証でのログインを許可すると、PIN コードの数字が現れる。それを所定の場所にコピー&ペーストすれば使えるようになる。Identi.ca にもログインできる。こちらは OAuth でなく従来のログイン方式。ただ返信による会話がスレッド表示されず、グループ機能も非対応だった。現在はどうか知らないが、Identi.ca には Gwibber があるので Twitter だけにログインすることにした。

Hotot は単独のクライアントもあるので Ubuntu 等の場合はこちらもいいかもしれない。

Chrome TweetDeck というのもあるがこれは駄目だった

追記: ついっぷるtwiccaTwitBirdEchofon など Identi.ca/StatusNet 非対応のものはお呼びでないので除外した。Plume だけ紹介した。

ついっぷる、twicca は日本企業または日本人による開発。日本では Identi.ca/StatusNet や Google Buzz は無視され続けている。日本人はやはり「みんなと同じがいい」という国民性なんだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中