画像をどこにアップロードするか

Twitter アカウントを持っていると yfrog.com や twitpic.com 等に画像をいくらでも投稿できるようなので、公開する画像はこれらのサービスに投稿するのが得だと思う。ブログサービスのサーバは WordPress.com だと無料で 3GB までという容量制限があるし。

ただ Twitter クライアントを変更したりしてアップロード先を変更すると、画像がいろんな所に散逸してしまうことになる。一つに絞るのは無理だから、とりあえずどこに投稿したか後で確認できるようにしておきたい。

以前 Seesmic Web を利用していた時に yfrog.com に画像をアップしたので、最近もブラウザから直接 http://yfrog.com/ に行って OAuth での接続を許可したら、メールアドレスの入力を求められた。なぜ yfrog にメールアドレスを教えなきゃならないのか。なぜ yfrog はメールアドレスを収集しているのか。と思って yfrog の利用をやめた。

http://yfrog.com/user/xshime/profile

画像は 4枚しかアップロードしてない。最近 yfrog は画像アップロードしてないツイートも記録するようになったらしい。返信したら返信先のツイートまで記録している。

これとは別に、Identi.ca にブラウザからログインしてファイル添付という方式で画像をアップロードしたことが一度だけあった。

この短縮 URL のリンク先に画像がある。この時は Identi.ca から Twitter に自動転送させてなくて、Identi.ca への投稿と同内容のツイートを後で Echofon Firefox アドオンからしたようだ。

最近は Hotot というクライアントから Twitter/Identi.ca 両方にログインしていて、これの Extensions に Hotot Image Uploader というのがあってそれを利用した。ただしこれは OAuth でログインしてないと利用できないようで、Identi.ca には旧来の Basic Auth でログインしているので利用できない。それでいったん Twitter アカウントに OAuth ログインして Image Uploader で画像とツイート文をアップロードし、最後の Update ボタンを押さずにツイート文と画像への URL をテキストエディタにコピー&ペーストして、Twitter から Sign out して Identi.ca に Sign In し、コピー&ペーストしておいたものをそのまま投稿する、という手間のかかることをやっている。そりゃそうだ、Twitpic 等は Twitter アカウント持ってる人向けのサービスであって、Identi.ca アカウントでは利用できない。

その Hotot Image Uploader から plixi.com を選択して画像をアップロードしたつもりが、URL は lockerz.com になってた。どうやら Plixi は Lockerz に買収されたらしい。

Exclusive: Lockerz Acquires Social Photo Sharing App Plixi (Formerly TweetPhoto) (TechCrunch、2011年 1月27日)

画像は以下に行くと一覧表示される。

http://lockerz.com/gallery/9789854

Twitter/Identi.ca アカウントからアップロードして公開した画像はこれで全部。Lockerz にアップロードした画像を WordPress.com のブログ記事中に挿入できればいいのだが、できなさそうだ。結局 WordPress.com のサーバにアップすることになる。

他にキヤノンのデジカメを所有していて CANON iMAGE GATEWAY の会員になっているので、無料で 2GB まで画像をアップロードできる。

http://opa.cig2.imagegateway.net/s/t/H5iAhSrxRWV

「カメラ」というタイトルのオンラインアルバムを作ってみた。別のアルバムをもう一つ作れば別の URL になる。

オリンパスのデジカメも所有していて FotoPus 会員にもなっているので、FotoPus に投稿もできる。これは容量制限のあるオンラインアルバムではなく、投稿サイトであるから容量制限はない。

フォトパス 自己紹介

ただし FotoPus はオリンパスのデジカメで撮った画像しか投稿できない。他社のデジカメで撮った画像を投稿しても公開を断られる。

追記: 2013年 7月10日

yfrog も Lockerz も放置していたら写真・画像が全部消えてしまった。

広告

画像をどこにアップロードするか」への2件のフィードバック

  1. 教えて下さい。
    ツイッターで、写真にコメントを入れようとしたら、「Yfogがアカウントを利用することを許可しますか?」と出て、ボタンを押してしましました。ツイッターのメールアドレスとパスワードも。すると、自分のコメントが他人の名前で出てしまっています。(他の国の)解除というか、どうしたらよいのでしょうか?

    いいね

    • YfrogをOAuth認証でTwitterと連携させることを許可したのであれば、Twitterにログインして「設定」→「アプリ連携」 http://twitter.com/settings/applications へ行って、「許可した連携アプリの一覧」の中にYfrogがあるのなら「許可を取り消す」ボタンを押せば連携しなくなります。
      OAuth認証というのは、Twitterアカウントにログインするパスワードを他のサービス業者(TweetDeckとかSeesmicとか)に教えずに、Twitterと他のサービスとを連携させる仕組みなので、TwitterのパスワードがYfrogに渡ることはありません。
      「自分のコメントが他人の名前で出てしまっています」というのは、意味がわかりません。あとはTwitter社などに問い合わせて下さい。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中