Google Buzz への投稿を FeedBurner 経由で Evernote に転送

今年 3月に書いた記事の後半で、Google Buzz に投稿したら FeedBurner 経由で自分の Twitter アカウントに Buzz の投稿文冒頭部と投稿の固定リンク(短縮 URL)を自動ツイートさせていると書いたが、それがなぜか 6月下旬から 7月初めまで10日程機能しない状態が続いた。その不具合はすでに解消したが、なぜ機能しなかったか原因は不明。

やったことと言えば、フィードの URL を変更したこと、Keyword filter に「from Buzz」と設定するのをやめて Google Reader からの転送も自動ツイートするようにしたこと、Buzz の投稿をメールマガジン形式で自分の Evernote アカウントのノートブックに転送するようにしたこと。

Edit Feed Details

この「Google Buzz」の下にある「Edit Feed Details…」をクリックするとこのような画面になる。一番下の「Feed Address:」の最後の数字の部分を変更した。以前は FeedBurner が自動生成した文字列だったが、Google プロフィールで使っている数字21桁と同じにした。自分の好きな文字列なら何でもいいと思うが、既に誰かに使われているものは使えないだろう。

メールマガジンの設定であるが、まずは Publicize タブの左サイドにある Email Subscriptions をクリックして下の Activate ボタンを押す。

Delivery Options

Delivery Options は上のように、タイムゾーンを日本標準時にし、メール配信スケジュールを午前 3:00 – 5:00 に設定した。他にオプションとして、Email Branding の所で「Logo URL:」に以下のロゴ画像を設定した。

さて、メールマガジン購読の登録であるが、私の場合は以下の URL にアクセスした。

http://feedburner.google.com/fb/a/mailverify?uri=105149217916343453895

uri=の後の部分は、上の「Edit Feed Details…」をクリックした時の画像を見るとわかるように、「Feed Address:」の最後の文字列と同じ。つまり FeedBurner が自動生成した文字列か、自分で変更した文字列。

Mail Verify

「あなたのメールアドレス:」の所に、Evernote の設定画面にある Evernote 送信用メールアドレスを記入する。画像の文字を入力して「メール購読を希望する」ボタンを押すと、Evernote アカウントに

Activate your Email Subscription to: Google Buzz

というタイトルの確認メールが届く。メール本文にある URI をクリックすると購読の登録が完了する。実際にメールマガジンとして届いたノートはこんな感じ。

Evernote via FeedBurner

まずメール配信スケジュールを午前 3:00 – 5:00 に設定しているので、午前 3時~翌日午前 3時までの24時間以内に投稿した Buzz だけが転送される。メールマガジン購読登録直後は、購読登録後に投稿された Buzz から。昔の Buzz までは転送されない。24時間以内に 1つも Buzz を投稿しなかった場合はメールマガジンは配信されない。

本文下にある「Download Now」のリンク先は、Buzz の投稿末尾に追加したリンク。投稿日時は PDT (Pacific Daylight Time、北米太平洋夏時間)で記録されている。JST(日本標準時)はUTC(協定世界時)+9時間、PDTはUTC-7時間なので、日本時間より16時間遅い。今はサマータイムなのでPDT、冬になるとPST(Pacific Standard Time、UTC-8)となるだろう。

そして下に「unsubscribe now」というリンクがあるので、たぶんここをクリックすればいつでも購読解除できるのだろう。

さらにオプションとして、配信するメールマガジンの件名をカスタマイズすることで、Evernote のノートに自動的にタグを追加することもできる。

メールでEvernoteに追加する際のTips (Evernote日本語版ブログ)

事前に Evernote のノートブックに例えば「Buzz」というタグを新規作成しておく。FeedBurner の Publicize → Email Subscriptions の Email Branding に「Email Subject/Title:」という項目があるので、ここを例えば「Google #Buzz」としておくと、Evernote に配信されたメールマガジンのノートに自動的に「Buzz」というタグが追加されるようである。

今後 Google+ へ移行することによって Buzz はサービス終了となってしまうかもしれない、と思ってこういうことを始めたのであるが、既に Google+ に招待されている人の Google プロフィールを見ると、「投稿」(Posts)タブがあって、そこにある各投稿の固定リンクは現行の Buzz のものとほとんど同じ形式である。ドメインが https://profiles.google.com/ から https://plus.google.com/ になっているくらい。投稿画面がどうなってるのかは知らないが、投稿されたものも大体同じ形式に見える。だから Buzz がたとえ消滅するとしても、Google+ 移行後に過去の Buzz(の一般公開投稿)を Circles とは無関係な一般公開投稿としてインポートできるようにしてくれると嬉しい。できないならば Google Takeout というのがあるのでそれを利用するという手もある。

Google上の自分のデータを簡単に外に持ち出せるGoogle Takeoutがローンチ (TechCrunch Japan、2011年 7月 1日)

Google+ は現在招待制であるが、私は Google に連絡の希望もしていない。正式サービスに移行してからでいいと思っている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中