Google+化

●簡易ブログ兼ソーシャルブックマークだった

昨年2010年10月に Google Buzz を始めた時は、このブログよりもう少し気楽に書く第二のブログ、その後はソーシャルブックマークとしても活用するようになり、Tumblrのようなものの代わりとして Google Buzz にひとり孤独に投稿していた(Twitterへの自動ツイートはしていた)。その流れでGoogle+に招待されて移行したので、巻き込まれたと言うと語弊があるが、SNSに入って人と交流したい、と思って参加したわけではない。

だが人の投稿を見るとなぜか影響されるもので、自分の中で何かが変わりつつある。

昨年2010年1月1日にTwitterを始めた時は、ブログのサイドバーにツイートを表示させる前提で始めたので、他人のツイートを読んだりフォローしたり会話したりといったことはほとんど考えてなかった。漫画家がコマ外の余白に読者に向けて書く短文のようなつもりで始めた。実際これまで普通の人をフォローしたことはほとんどなく、企業の広報用アカウントと芸能人しかフォローしてない。

そんな私がGoogle+に入ったら、なぜか普通の人の投稿を読んでフォローする(※)ようになった。これまではネットのニュースサイトやテレビのニュースから得ていた情報をGoogle+のストリームから得たり。Twitterでは、たくさんの人をフォローして自分のタイムラインを作って、そこに入ってくるツイートから情報を得るなんて、そんな情報は信用できない、信用できる情報源だけを見る、と考えていて決してやらなかったことを、Google+ではやっている。まあツイートより情報量が多いので信用できるか否かを判断しやすいし、できるだけ一次情報源も確認するようにはしている。自分はネットのニュースサイトを多く見ているつもりだったが、人はいろんな情報源を知っているんだなあ、と気づかされた。

それに自分は招待された少数のユーザーなんだから、まずは普通の人と同じように利用してみよう、というのもある。「友だち候補」に現れるアカウントをとりあえず全部サークルに追加(※)して1,000人以上フォローする(※)、なんてことはさすがにやってないが。

(※Google+の用語「サークルに追加する」はTwitterにおける「フォローする」とほぼ同義。ここではわかりやすいように、Google+に関しても「フォローする」という語を適宜使用する。)

●「友だちの友だちサークル」にとまどう

Google+は「一般公開」の投稿が多いので、Googleアカウントを持ってない人でも読める。ここはTwitterと同じ。ただし各投稿ごとに「一般公開」か「限定公開」かを選べる。Twitterの場合はすべてのツイートを公開か非公開(鍵付き)にすることしかできないので、一つのアカウントで一部のツイートのみ公開ということはできない。

Google+の「限定公開」投稿は、自分と相手がいわゆる相互フォロー状態になって、なおかつ相手が自分を入れたサークルを公開対象として選択した場合に「限定公開」と表示されて読めるのだが、それとは別に「友だちの友だちサークル」と表示されるものがある。これは相互フォローどころか、相手も自分をフォローしてない、かつ自分も相手をフォローしてない場合でもそういう投稿が見えることがある。

互いに一切フォローしてない場合はあまり気にならないけれども、相互フォロー状態でも「友だちの友だちサークル」投稿が見えることがあって、ああこの人は自分をフォローしてくれているけれども、この投稿は本当は自分を公開対象としてないんだな、と思うと、その投稿に対してコメントしたり +1 ボタンを押すことができてもためらってしまう。投稿内容はそんなにプライベートなものではないのだが(2012年3月追記参照)。

「限定公開」と表示されている投稿なら安心して読める。これもそんなにプライベートな内容ではないのだが、自分も公開対象として指定されているので安心する。たぶん以前のFacebookのような感覚で「限定公開」にしているだけだろう。あるいは「一般公開」にするほど重要度の高くない情報だからとか。

●読まれない孤独

ブログならアクセス解析を見れば、たとえ1日数件であってもアクセスがあるというのがわかる。月1件程度しか投稿しないので1日数件アクセスがあれば十分。検索エンジンでどんな単語の組み合わせでこのブログにやって来たのかもわかる。WordPress.comのサイドバーのTwitterウィジェット(Wickett Twitter Widget)は、一般的なブログパーツのようにJavaScriptを使うのでなく、ツイートをテキストにして表示してくれるので、ブログ記事本文には何も書いてないがTwitterだけで書いた話題も、単語が検索でヒットしてこのブログに訪れていることがある。Google+用のこういうウィジェットは今のところないので、RSSウィジェットを利用して一般公開投稿の冒頭部分(たぶん75字まで)を表示している。これもテキストにして表示しているようだ(2011年9月追記参照)。

ブログにはアクセス解析があるがGoogle+にはない。それにSNSなのでmixiや以前のFacebookのように、Google+に参加している人しか読めないと思われがちだろう。さらにGoogle+はまだ招待制のフィールドトライアル、正式サービスに移行してないのでなおさら一般の人々は近づきがたいと思われる。実際はTwitterと同じく誰でも読めるのだが。最近は通常のGoogle検索でもGoogle+の一般公開投稿がヒットするようになったので、読まれる機会は増えたと思うが、どんな単語で検索されてその投稿にたどり着いたのか、投稿者にはわからない。せめてアクセス解析的なものがあるといいのだが。

私のようにフォロワー(自分をサークルに追加したユーザー)が20数人しかいないと、しかもその20数人のほとんどが数百人~1,000人以上フォローしている人だと、私の投稿はほとんど読まれてないと思う。動画を撮ってGIFアニメーションにするスキルも機材も暇もないし、一般受けしそうな美しい写真も撮れないし撮らない、書くのは主に長文であるから、ストリームに新しい投稿が次から次へと表示されていく中で長文投稿は忌避される。

それでも私はこれまで Google Buzz でやってきたように、Twitterの140字には収まりきらない、かといってブログに書いても数年後には読まれないだろう長文を投稿する。たまに +1 ボタンを押してもらうとインセンティブになる(このブログにも設置している)のだが、長文投稿を +1 されたことはない。

●プロ写真家がFlickrからGoogle+へ

無料の保存容量の制限 – Picasa ヘルプ

Google+に写真を投稿すると Picasa Web Albums に保存される。従来は無料で 1GB までしか使えないのだが、Google+ユーザーは 2048 x 2048 ピクセル以内の写真は容量にカウントされない、そしてGoogle+に投稿して公開する場合はすべて自動的に長辺 2048 ピクセルに縮小される(もともとこれより小さい画像はそのまま)ので、事実上写真投稿は容量無制限である。

Picasa以外にキヤノン、オリンパスのオンラインフォトストレージに登録している私は、最終的には Flickr か、と考えていたが、Google+が容量無制限ならここでいいと思った。実際多くのプロの写真家もFlickrからGoogle+へと移行しつつあるという。

http://www.group.as/

ここの Photographer に写真家のアカウントへのリンクがある。

●参考サイト

Google+ランキング G+Navi

Journal+ : Social News with Google+

どちらもユーザーローカルが作ったサイト。下のは「雑誌風」と紹介されているが、雑誌ってこんなにごちゃごちゃしてたっけ。

追記: 2011年 9月 2日

PlusFeed が終了したので削除した。Unofficialだったんだな。Google Buzzには公式の RSS フィード(Activity Streams)があるのに。

追記: 2012年 3月22日

今さら訂正するけれども、自分は「友だちの友だちサークル」投稿について誤解していたようだ。「一般公開」にはしないが「あなたのサークル」(「限定公開」)よりは多くの人に見せることを意図する時に「友だちの友だちサークル」を使えばいいようだ。つまり、相互フォロー状態の人の投稿が「友だちの友だちサークル」となっている場合、それは自分のサークルに入れた人に限定せずより多くの人に読んでほしい、でも一般公開にしてGoogle+やってない人にも見せることはしたくない、ということだろう。

だから「ああこの人は自分をフォローしてくれているけれども、この投稿は本当は自分を公開対象としてないんだな」と思ったのは誤解だった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中