pump.ioベースのIdenti.ca

今年7月10日、これまで StatusNet ベースだった Identi.capump.io ベースになってリニューアルした。

https://identi.ca/xshime

これまでの Identi.ca との違い:

  • 字数制限がない。
  • Like、Comment、Shareというのが各投稿の下にある。
  • HTMLタグを使える(投稿のみ、コメントでは使えない)
  • フォローしている人やフォロワー、特定の list のみを対象とする限定公開投稿ができる。Family、Coworkers(同僚)、Friends、Acquaintances(知人)という list ができていた。Google+ のサークルに似ている。ただしフォローせずに list のみに追加することはできない。
  • 投稿を削除できない。
  • グループ機能、ソーシャルブックマーク機能、Twitterへの自動転送、Feed Mirroring機能がなくなった。

他に不便なこととして、投稿後に編集できない。

Identi.ca Post a note 01

ポップアップで出てくる投稿ウィンドウ。To とか CC とか見ると、電子メールのようでもある。

Identi.ca Post a note 02

こうして特定の誰かだけに見える限定公開投稿ができるとなると、電子メールの代わりになるんじゃないか。そう考えると、投稿後に編集できないというのは電子メールと同じなわけで。もちろん相手も Identi.ca もしくは pump.io のアカウントを持ってなきゃならないが。

Identi.ca への投稿を RSS に変換する pump2rss というのがあるが、RSS に間違いがあるらしく、FeedBurnerに登録できない。Identi.ca に投稿したら Twitter に Publicize ツイートするようにしたかったのだが。

自分が利用している他の SNS と接続できない、フォローしたいアカウントも特にない、ということでほぼ使い道がなくなってしまった。今は公開の覚え書きのようなものになっている。Google+だとフォロワーを意識するので需要のなさそうな投稿は避けるし、投稿中に URL をたくさん記述するとコンテンツポリシー違反になるし(再共有だけでもこうなることがある)、Twitterは字数制限があるし、非公開にしなきゃならない・何度も編集する覚え書きはEvernoteで、画像はPinterestで、というわけで。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中