Googleのシュミット、政府による検閲は10年以内に消滅すると予言

政府はインターネットだけで人々を監視しているわけではない。

「政府の検閲は10年以内になくなる可能性も」:グーグルのシュミット会長 (CNET Japan、2013年11月22日)

Schmidt氏はこの日、政府の監視に対する解決策はすべての人を暗号化してしまうことだと述べた。同氏によると、いずれ検閲や監視は実行がはるかに困難になるという。

ネットを介さない、人々の普段の日常会話まで暗号化できるわけではないし。

TechCrunch Japan

「検閲も、検閲の可能性も、10年以内に排除できるチャンスがわれわれには十分あると私は信じている」と、Google会長のEric Schmidtがジョンズ・ホプキンス大学で最近語った。「政府の監視に対抗するための解は、すべてを暗号化することだ」。

現在、厳しい政権化にいる市民には、政府によるインターネットのブロックを回避する方法がない。これには、ホスト国の外にあるサーバーをリルートする暗号化されたバーチャル・プライベート・ネットワーク(VPN)も含まれる。

「いつもいたちごっこだ」とSchmidtは言った。昨年春、平和を愛するイラン政府は、VPNの使用を厳重に取締った。規則に従うことを選んだ人々は、政府による検閲の対照となり、反対意見や文化的に危険な内容が許されているソーシャルメディアサイトは散発的にブロックされている。

Wikipediaは、ジャスティン・ビーバーやキャット・サーカス、つまりはYouTubeをブロックしている政府を列挙している

「そのレースでは検閲が敗れ、人々には力が与えられると私は思う」とShmidtは語った。
しかし、正確にいつそれが終るのかについての言葉はなかった。トラフィックが撤底的に暗号化され、位置もコンテンツも目的地も、政府検閲官から見えなくなるシステムを想像することはできる。あるいは、ネットワークのアーキテクチャーが変わり、政府だけが気に入らないトラフィックを有意義に識別できるようになるのかもしれない。

永遠の楽観主義者、Schmidtは、民主的理想は中国にも行き渡ると考えている。たとえ検閲があっても。

「それが良いアイデアであると広く考えられていれば、止めることはできない」と彼は言った。「中国が変わる方法はそれだ」。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

元の投稿を表示

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中