結局何もしないかもしれない

フィルムレンジファインダーカメラ BESSA R3A 用に COLOR-HELIAR 75mm F2.5 と M-HEXANON 50mm F2 を持っているのだが、2本とも売ってしまって、NOKTON classic 40mm F1.4 を買おうかと思っている。

COLOR-HELIAR 75mm F2.5 + BESSA R3A

BESSA R3A + M-HEXANON 50mm F2

でも、4年前と9年前に書いたこれらのブログ記事を読むと、ずいぶんいろいろ考えた末にこの 75mm と 50mm を選んだようだ。40mm を選ばなかった理由も書いてある。

意思決定の仕方で分かるあなたの満足度 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版、2014年10月7日

心理学の研究者たちは、人々の意思決定の仕方を研究し、基本的なタイプが2つあると結論付けた。「追求者(maximizer)」は物事を選択する前に時間をかけて幅広い選択肢を検討するのが好きなタイプで、あらゆる可能な選択肢を検討する場合もある。一方の「満足者(Satisficer)」は完璧さよりも迅速さを好む。つまり、最低限の基準を満たす選択肢の中から早急に選ぶ方が好きなのだ(「satisfice」は「satisfy=満たす」と「suffice=十分な」とを融合させた言葉だ)。

これによると、私は「追求者」だったようだ。でも最近は時間をかけて考えることをあまりしなくなったように思う。

年を取ればとるほど、追求者になる確率は低くなる。これは、年を取るにつれて人々の幸福感(満足感)が増すことを示す研究結果を説明するのに役立つ。

2本のレンズを4年〜9年使ってきて、やはり自分は35mm〜40mmくらいの画角が一番好きだ、と、これはオリンパス Pen mini E-PM1 で 14-42mm ズームレンズ(35mm判換算 28-84mm 相当)を使っていても感じた。

さて、売るとして、どこでどうやって売るのがいいか。COLOR-HELIAR 75mm はLマウントなので M-バヨネット アダプターリング(これも生産終了)も持っているのだが、もうLマウントレンズは中古でも買うことはないと思うので、これも一緒に売ってしまおうか、それとも念のため残しておこうか。NOKTON classic 40mm は新品だと安くても4万円はするし、レンズ2本売っても4万円にはならないと思うし、できれば中古で買いたいのだが、いいのが見つかるだろうか。

それから昔から広角レンズが欲しいとずっと思っていて、オリンパス Pen の標準ズームレンズのワイド端 28mm 相当しかいまだにないのだが、

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980(9mm F8.0 Fisheye)

これなら実売1万円程度と安いし、魚眼というのも面白そうだと思っているが、これもいまだ買ってない。

あらゆる選択肢を検討することをしなくなった代わりに、意思決定・行動すらしなくなったのかもしれない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中