画像をどこに保存するか

Google、Google+の「フォト」強化目的で写真と動画の保存/共有サービスOdyseeを買収 ITmedia ニュース、2015年2月9日

Odyseeは、iOSおよびAndroid搭載端末で撮影した写真や動画を、クラウドではなく、ユーザーが所有するPCのHDDなどを利用して構築するプライベートクラウドに保存するというサービス。ユーザーは保存先を意識せず、仮想のフォルダにコンテンツを高解像度のまま保存し、アプリを使って家族や友人とそれらのコンテンツを共有できる。アプリは無料で、利用料金は2年目からは年額5ドルだった。

プライベートクラウドって、保存先じゃないデバイスからでもいつでも見られるんだろうか。PCは常に電源入れているわけじゃないし。

Google、写真バックアップサービスのOdyseeを買収、チームはGoogle+に合流 TechCrunch Japan、2015年2月9日

Odyseeで興味深いのは、「多くのビデオを撮影し、フル画質で保存したい人々のために作られた」サービスとして、保存先のストレージを任意のクラウドではなく、ユーザー自身のパソコンへとシフトしたことだ。その一方でキャッシング機能も開発し、パソコンがオフラインの時や、遅いネットワークからでも写真をアクセスできるようにしている。

「Odyseeは最近アクセスした写真やビデオの複製を高画質でオンラインに保持している。Odyseeはアクセスされる可能性の低い写真やビデオ(プログラムで予測する)は、InstagramやFacebookと同様に低画質で持っている」と同社のFAQに書かれている。「すべては何らかのバージョンがオンラインにある」

そういうことか。

他人とのシェアに関しても独自のアプローチをとっている。Odyseeには家族や親しい友達からなる独自の「follower and followingネットワーク」があり、「非Odyseeユーザー」にはURL経由でシェアできる。

Path のようなクローズドなSNSのようにも使えるし、公開もできるという。

Google+を利用しているが、写真の保存先としては利用してない。Google ドライブも。写真と言っても、自分がデジカメで撮った写真だけでなく、Web上で見つけた写真にも保存しておきたいものがある。現状では

  • 自分で撮った写真(動画は撮らない): オリンパスの [ib on the net]
  • 自分で撮った写真のうち、公開したいもの: Pinterest またはオリンパスの Fotopus に投稿
  • Webで見つけた写真のうち、非公開で保存したいもの: ダウンロードして CANON iMAGE GATEWAY の非公開アルバムにアップロード、または Pinterest の非公開ボードに Pin
  • Webで見つけた写真のうち、自分のアカウントで公開しても構わないと判断したもの: Pinterest に Pin

こんな感じになっている。ついでに CANON iMAGE GATEWAY には公開アルバムもある。

公開SNSとしてはPinterest、保存先も一つにすれば楽だろうが、自分で撮った物と、他人の物とで区別している。Google+の写真保存機能が使いやすくなったとして、自分で撮った物の保存を想定しているのだろうが、利用しないと思う。

過去に書いた関連記事:

写真のクラウドストレージサービスは実質容量無制限 2012年4月26日
Flickr、Tumblr、ソーシャルブックマークの代わりとしてPinterestを使う 2012年8月30日
出典を明示しないシステムと、ユーザーの良心 2012年12月23日

Yahoo! JAPANのWONDER!というサイトはいつの間にかこんなものに様変わりしていた。

ヤフーとバンダイ、動画授業&コンテストのバーチャル学校「WONDER!SCHOOL」開始 RBB TODAY、2015年2月9日

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中