Google+や昔からある分散型SNSを知らない人がマストドンにハマっていく

Twitter炎上に見るネット世論とバベルの塔 そしてマストドン出現へ : 情熱のミーム 清水亮 Engadget 日本版、2017年5月7日

多様な価値観を認めよう、というだけでは価値相対主義で止まってしまうんじゃないか。炎上を避けるために「自分が心地よい相手とだけ連合すればいい」と言っていると、価値観の違う人との建設的な議論もなくなってしまうだろう。

それに、多様性を認めよう、というのが最近は「絶対的」価値観となりつつあるような気もする。これが全体主義的に他の価値観を抑圧していく恐れはないか。

そして、マストドンの仕組みはよく知らないが、ネット右翼専用インスタンス、児童ポルノ専用インスタンス、リベンジポルノ専用インスタンスなんてのも出てくるかもしれず。NSFWを使えば何でも許されるんだろ?となれば。

マストドンが復権させるゆるいコミュニケーション : 情熱のミーム 清水亮 Engadget 日本版、2017年5月11日

Google+はFacebookとTwitterの中間かな。メッセンジャーに相当するものがないから「非同期」で、「特定の相手」も「不特定多数」も対象にできる。投稿を限定公開にすれば「クソリプで炎上」はしない。Facebookと違って仕事関係や家族・友達とつながってないことが多い。マストドンのインスタンスはたぶんGoogle+コミュニティに似ている。でもGoogle+は日本では普及・浸透しなかった。

マストドンがTwitterのように窮屈になっていかないか。それは誰にもわからない。しかし、マストドンがいまのまま楽しい場所であり続ける可能性は高い。それはオープンソースであること、自由なソフトウェアであることが大きな理由になる。

オープンソースであることに夢を見すぎじゃないかな。オープンソースの分散型SNSといえばGNU socialDiasporapump.ioとあるがどれも普及してない。たぶんどれも使いにくいからだろう。マストドンが日本で普及するとして、ソフトウェア部分が改善されるかどうか。

私は7年前からStatusNet(現GNU social)ベースのIdenti.caを使ってきて、4年前にpump.ioベースに移行後も利用し続けたが、2か月前にあきらめた。分散型SNSなんてもうこりごりだ。現時点でIdenti.caのサーバはダウンしている。SSLサーバー証明書は5月6日に更新されて8月までになっているのを確認したのだが。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中