CorebirdのSnap版は日本語対応してなかった

TwitterクライアントのCorebirdのSnap版をインストールしてみた。

UbuntuにSnapでインストールしても良さそうなアプリケーション 2017年5月18日

Corebird Twitter Client Is Now Available as a Snap App OMG! Ubuntu! 2017年5月10日

Xubuntu 16.04 LTSなのでGNOME Softwareでインストールしようとしたら、Ubuntu Oneアカウントへのログインが必要らしい。ターミナルでコマンドラインでインストールした。

ubuntu one – Installing software and UbuntuOne Ask Ubuntu

OMG! Ubuntu!の記事にあるように、snapd-xdg-openもインストールした。

/snap/corebird/ というディレクトリができてそこにシステムファイルがあるようで、ホームディレクトリ以下にも snap というディレクトリが生成された。起動してTwitterにログインはできたが、ツイートの日本語が文字化けし、Fcitx-Mozcでの日本語入力もできない。Settingsでフォントの変更はできないし、ホームディレクトリの設定ファイルをエディタで書き換えても何も変わらないし、システムファイルはsudoでは書き換えられなかった。

ということでこれはあきらめ、Snap版はremoveして、PPAリポジトリを追加してそこにあるCorebirdをインストールすることにした。

Corebird Twitter Client : Panda Jim

こっちは全く問題なく動作した。

動画再生にGStreamerプラグインを使用するようである。Xubuntu 16.04 LTSにおいて今年2月、GStreamerプラグインとParoleで拡張子wmvの動画を再生できなくなったので削除したのだが、そのバグは後に解消されて再生できるようになっていたので、再びインストールした。やはりXfceのデフォルトの動画プレーヤーはParoleなので。

HootsuiteでGoogle+に投稿したりストリームを見るのは少し前にやめた。でもHootsuiteの利用をやめるわけではない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中